読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lastlineを購入

僕のidと同じ商品名なので、気にはなっていたが通販で買うほどではなかったので放置。Lastlineはしおりなんだが、読んだ最後の行を目立たせるようなデザイン。どこまで読んだか、どこから読むのかが一目瞭然になる面白いしおり。カラーバリエーションは多いが、欧米色なのためかあまり鮮やかではない。
最近、図書館ライフを始めるも、借りた本には購入した本のようにしおりが付属してないので、ブックマーク欲しいなぁと思っていた折に、先日ソニプラに行ったら157円売ってたので購入。
早速、となりの801ちゃんの「いきて、こそっと。」で紹介されている「ミミズクと夜の王」で試してみる。が、失敗。ラノベなので特に試す間も無く読了。いや、面白かったから良いけども。

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

真打の図書館で借りた本で再度挑戦。今度はアルジャーノンに花束を。これも、最初はきつかったが読み進めていくとスイスイ読めるので。あまり、Lastlineの効果が良く分からない。
しょうがないので3冊目の上と外で・・・と思ったら、これは新書みたいに400字詰が上下に分かれたタイプの本だった。この形式だと、下の段の最後の行を留めるのが難しいのだ。

3冊読んで使って感想

  • 使い難いなーと思った点
    1. 紙の厚さの問題なのか、Lastlineの幅の問題なのか、紙に挟み難い。そのため、急ぐ時には普通のしおりの方が便利かもと思う。ただ、簡単に挟めると落ちてしまうので、挟み難い位が丁度良いのかもしれない。
    2. ページ中央なら、最後の行にあわせやすいのだけど、紙面の端はちょっと合わせにくい。ページ端だと落ちるし、本を綴じている側だと物理的につっかえる。
    3. 思ったほど目立たない。ページに収まるのは良いのだけど、飛び出てないのでLastline自体が目立たない。
    4. 読んでる最中の置き場所に困る。どこかに挟んでおけば良いのだけど、前述の通り挟み難いし、目立たないのがさらに問題。
    5. 横書き、縦書き対応だけど、2段カラムには未対応。
  • 良いなと思った点
    1. しおりとしては奇抜。色も色々あるのが良い
    2. 読み始めが分かるのはやっぱり良い。どこまで読んだっけ?が無くなる

値段もそこまでお高めではないので、マーカーを使いたくない人にはブックマークとして使うのもアリ?色で使い分けるという手もありますかね?