読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖剣伝説2好きならiPhone版を買っておいても後悔はしない!

ようやく、iPhone/iPod touch用の聖剣伝説2がリリースされました。1000円と、iPhone/iPod touchアプリとしてはお高めですが、WiiのVCでも800円なのでそれ相応の値段ではないでしょうか。発売日は9800円(税抜)だったことを考えるとすごくお買い得ですよ!
ちなみに、私はiPhone3GS iOS4.2.1でプレイしてますが、現在のところプレイ中に突然フリーズしたり、落ちたりといったことは起こっていません。


アプリを立ち上げると、獣の咆哮と共に天使の戯れ天使の恐れが流れます。聖剣伝説2の魅力の一つといえば菊田裕樹作曲の音楽ですが、僕が聞く限り音はほぼそのままです。画面切り替わり時などロード画面をまたぐと音楽の調子がおかしくなることから、内蔵音源ではなく一旦録音した音楽データを流しているのではないかと思われます。
天使の戯れ天使の恐れを聞きながら待っていると、おなじみのオープニングが流れます。グラフィックはSFC版のテイストを残しつ綺麗になっています。フォントも読みやすくなっており、丁寧な作りのリメイクだなと感じさせます。

ゲームの操作はタッチパッドなため、コントローラー程きびきびと動きません。例えば、1キャラ分のドアなどに入ろうとすると壁につっかえたりします。あるいは、ボタンを踏んで階段を出したのに、もう一度踏んで階段を引っ込めたりなど。それでも、十分にゲームを楽しむことは出来ます。iPhoneアプリの他のアクションゲームと比べると、スト4には劣りますが、R-TYPEよりは全然操作しやすいですね。ちょっとボス戦で苦労しますが、ゲームの難易度自体変わっておらず、攻略法も同じなので、ハンデと思って楽しむくらいが丁度良いかも知れません。
レビューを見ると、人によってはオプションのキーパッド補正をオフにした方が操作しやすい場合もあるようです。私はオフにしてますが、こちらの方がSFC版の動きに近い気がします。

聖剣伝説2といえば、リングコマンドですが、これがなんどiPhoneのタッチ操作とマッチしていてびっくり。スクウェアさん時代を作取りしすぎです。SFC版ではリングを回転してメニューを決定する必要がありましたが、iPhone版ならメニューに直接タッチすれば良いので、操作の手間が省けます。タッチといえば、選択肢もタッチ操作になっており、これが思った以上に楽になっています。とは言う物、タッチ操作でアイテムや魔法を使用するのは煩雑です。そこで、iPhone版にはショートカット機能が用意されています。例えばまんまるドロップやヒールウォーターなどをショートカットにおいておけば、ワンタッチで使用することもできます。また、気になるキャラチェンジはセレクトボタンがないので、画面下のキャラアイコンのタッチで行えます。
聖剣伝説2をiPhoneに移植するにあたり、微妙なUIの変更がなされており、それがプレイの邪魔にならずいい仕事してますね〜と感じさせます。



さて、聖剣伝説2で気になることといえばやはりバグ。ボス戦後の勝利画面の後にフリーズして涙を飲んだ人もいるでしょう。序盤最大の山場であるタイガーキメラ戦でキャラチェンジをしまくりましたが、バグることなく勝利。これは、もしかするとSFC版のバグは取り除かれているのでは?
その他の仕様も変更が見られます。キャラがしゃがんだ状態から次の入力を受け付けるので魔法の連発は可能ですが、敵が硬直中に攻撃を加えてもダメージを重ねることが出来ません。そのため、魔法の重ねがけで敵を硬直させ続けることは出来ないようです。これにより、敵が自身に回復、あるいは補助魔法を使用している最中にラッシュをかける戦術もできなくなっています。回復魔法を持っている敵との戦闘が長引くのでちょっと困りますね。ついでに、キャラチェンジをしまくれば侵入できない箇所にも侵入できるなどのバグも解消されているっぽいです。
とまぁ、簡単に確認した程度なのでバグが残っていたり、新たなるバグがある可能性もありますが、致命的なバグは解消されているのではないでしょうか。

とりあえず、魔法を取るためウィンディーネまで進めてみましたが、今のところ大変満足しています。聖剣伝説2好きなら、買って後悔はしないと思うので是非!