3Dモデルや結晶構造をOculus Questで見る

先日、Oculus Quest を購入しました。以前から、自分で作った3Dモデルとかタンパク質などの結晶構造をVRヘッドセットから見たかったので、環境を構築してみました。
とりあえず3Dモデルを見るだけなら、Oculus Quest から Oculus Link 経由で、Blender XR を使うのがお手軽でした。Oculus Rift の他に HTC Vive や WindowsMR にも対応しているので、これらのヘッドセットでも同様のことができるはずです。

Oculus Home にインポートしたり、Unity を利用したりする方法もありますが、見るまでに少々手間がかかります。

私の環境

VRヘッドセット:Oculus Quest

モデル名 Aero 14 ( i7-7700HQ) Gigabyte
CPU i7-7700HQ 7th Gen Kabylake
GPU GTX 1060 6GB VR
ストレージ SSD 512GB M.2 SATA
メモリ DDR4 2400 16G 32GBまで可

3Dモデルの閲覧:Blender XR | MARUI-PlugIn https://www.marui-plugin.com/ja/blender-xr-2/
CIF/PDBファイルの変換:UCSF Chimera Home Page http://www.cgl.ucsf.edu/chimera/

Blender XRで3Dモデルを見る

Blender XR の利用は、MARUI-PlugIn から Blender をダウンロードし、対応するVRヘッドセットのDLLファイルを Blender と同じフォルダに格納するだけです。ちなみに、Blender のバージョンは 2.8 となっています。

ダウンロードした Blender を起動し、モデルを読み込み、Window から New VR Window を起動します。Blender 以外で3Dモデルを作製した場合も、Wavefront OBJ (.obj) や Collada (.dae) で出力し、Blender へインポートするだけとお手軽です。

Blender XR で結晶構造を見る

タンパク質などの結晶構造は非常に複雑で、三次元画像をディプレイで見られるようになった現在でも全容を理解するのが骨です。その点、VR内だと立体的に見え、角度や大きさも変えられるので、全体から細部までつぶさに観察できます。きっと、VRを利用した結晶構造解析に関する研究とか進んでいるのでしょう。

今回はお試しで、美しき毒タンパク質・ヘモリシン : 有機化学美術館・分館 を見てみました。
先ず、Protein Data Bank (.pdb)ファイルを RCSB PDB - 7AHL: ALPHA-HEMOLYSIN FROM STAPHYLOCOCCUS AUREUS からダウンロードします。
Protein Data Bank (.pdb) は、Blender には対応していないので変換が必要です。
そこで UCSF Chimera Home Page を利用して、Collada dae (.dae) へと変換しました。Collada dae (.dae) を Blender でインポートすれば、VRヘッドセットで閲覧できるようになります。Crystallograhic Information File (.cif) も同様の手順で変換できます。
UCSF Chimera は Wavefront OBJ (.obj) の出力に対応しているはずなのですが、なぜか上手くいきませんでした。

研究者のためのCG作成術②(VESTA編) | Chem-Station (ケムステ) では Crystallograhic Information File (.cif) を Blender で読み込むために VRML file (.wrl) へ変換する方法が紹介されていますが、Blender 2.8 が VRML file(.wrl) のインポートに対応していないので利用できません。一応、プラグインもありますが、表面情報なども失われるので、お勧めしません。

Blender XR 以外の方法

VR向けの3DCG作成ソフトを利用する手もあります。Gravity Sketch は Oculus Quest にも対応しており、クロスバイなので Oculus Rift 版を Oculus Link からも利用可能とお得です。Wavefront OBJ (.obj) を読み込めますが、有料なので今回は見送りました。

3Dデータを glTF 2.0 (.glb) として出力して、PC の Oculus Home 内にある _Importフォルダへぶち込めば、Oculus Home の部屋にインポートして眺めることができます。ただし、ファイルサイズが 15 MB までなので、タンパク質の結晶構造だと容量削減などで一手間かかります。

Unity でも 3Dモデルを扱えますが、VR空間を体験するのには向いているけど、モデルを見るだけだと手間がかかりすぎるので今回は試しませんでした。そもそも、私が Unity を導入していないので、サクッと試す環境にない。Unity を含めてじっくりと遊んでみたい。

ちなみに、PlayAniMaker も興味あります!

センター試験は雪の特異日だったのか

平成2年(1990年)から始まったセンター試験も、31年目となる令和2年(2020年)で終了となり、来年からは大学入学共通テストに切り替わる予定です。センター試験と言えば雪のイメージがつきものでしたが、実際に雪は多かったのでしょうか。日本海側など普段から雪の多い地方で比較しても意味が無さそうなので、独断と偏見で、東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡の6地点において、センター試験の日に雪が降ったかを調べました。比較として、1月の雪が降った日も載せています。

降雪の有無は 気象庁|過去の気象データ検索 から試験に影響があると思われる昼間のみを集計しています。「みぞれ」は雪に含めていません。夜間を含めても確率はあまり変化しないと思います。試験日は 大学入試センター試験 - Wikipedia
から確認しました。センター試験は計31回で、日数はその倍の62日。2020年1月19日まで計上したため、1月の日数は31年と19日分で949日となります。

東京 名古屋 京都 大阪 広島 福岡 6地点
センター試験の降雪日 6 7 8 6 8 3 38
割合 (%) 9.7 11.3 13.0 9.7 13.0 4.8 10.2
1月の降雪日 36 69 121 50 140 111 527
割合 (%) 3.8 7.3 12.8 5.3 14.8 11.7 9.3

6地点で比較すると、センター試験および1月に雪が降った割合は10%前後でした。つまり、特にセンター試験で雪が降っているわけではありません。ただし、東京に着目すると、センター試験の日に雪が降ったのは9.7%で一月に雪が降る割合の3.8%よりも高いので、特異日と言えそうです。福岡はその逆で、なぜかセンター試験の日に雪が降っていません。以下に各地点の天気を載せておきます。

西暦 東京 名古屋 京都 大阪 広島 福岡
1 1990 13 曇一時雨後晴 晴一時雨 晴時々雨 曇時々晴一時雨 晴時々雨 曇時々晴
14 曇時々晴 晴後曇 曇時々晴 曇時々晴一時雨 晴一時薄曇 曇一時雨
2 1991 12 みぞれ一時曇 晴後曇 曇時々晴一時雨、あられを伴う 晴時々曇、雷・あられを伴う 曇時々雨後晴 晴一時雨、みぞれを伴う
13 晴一時曇 晴時々曇 晴時々曇 曇時々晴一時雪 晴一時曇
3 1992 11 快晴 快晴 晴一時曇
12 曇一時雨後晴 晴一時曇
4 1993 16 雨一時曇 雨後曇 曇一時雨後晴 晴時々雨
17 晴一時曇 曇時々晴一時雨 曇時々雨後晴 曇一時晴 雨後曇
5 1994 15 快晴 快晴 曇一時晴 晴一時曇
16 晴後薄曇 快晴 晴後一時薄曇 晴一時曇 晴時々薄曇
6 1995 14 晴一時曇 晴後曇時々雪 曇時々雪、みぞれを伴う 晴一時雪 曇時々晴一時雪
15 曇時々雪一時晴 曇時々雪一時晴 曇時々雨一時晴 晴後曇一時雪 晴一時曇
7 1996 13 晴後一時薄曇 晴後曇
14 晴一時薄曇 曇後一時雨 曇後時々雨 雨一時曇 雨一時曇
8 1997 18 曇一時雨 晴時々曇 曇後晴 晴一時曇
19 晴後一時曇 曇時々晴 晴一時薄曇 曇時々晴
9 1998 17 曇一時雨 晴一時薄曇 晴後曇 曇一時晴、霧を伴う 曇一時雨 曇一時雨
18 曇一時晴 雨後一時曇 曇一時雨 曇時々雨一時晴
10 1999 16 曇一時雨後晴 晴時々曇 晴後曇 晴時々曇 曇一時雨
17 快晴 曇後一時晴 晴時々曇 晴時々曇
11 2000 15 曇時々晴一時雨 晴後時々曇 晴後曇 晴後曇 曇一時晴
16 曇一時晴 曇後時々雨 曇後一時雨
12 2001 20 曇一時雪 曇後大雪 雪一時曇、みぞれを伴う 雨一時雪 雨一時雪、あられを伴う 雨一時曇
21 快晴 晴時々曇 曇時々晴一時雨
13 2002 19 晴後薄曇 薄曇 薄曇時々晴 晴一時薄曇
20 曇一時晴 晴後曇 晴後曇 晴時々薄曇 曇一時晴後雨
14 2003 18 晴一時曇 雨後晴 曇時々晴一時雨 曇時々晴一時雨 曇一時晴 曇時々晴
19 曇後一時雨 曇後時々雨 曇一時雨 曇後時々雨 雨時々曇一時晴
15 2004 17 曇時々雪みぞれを伴う 雪後時々雨 雨、みぞれを伴う 雪後雨 晴一時雨
18 晴一時曇 晴後一時薄曇 晴後曇 雨時々曇
16 2005 15 曇時々晴 雨一時曇 晴後曇 雨時々晴、雷を伴う
16 曇後雨 曇一時晴 曇時々晴 晴後曇、霧を伴う みぞれ後雨、あられを伴う
17 2006 21 曇一時晴 雨時々曇
22 晴後一時雨 晴後曇 晴後時々曇 晴一時曇 晴一時雨
18 2007 20 曇後雨あられを伴う 曇後晴 曇一時晴 晴一時薄曇 晴時々曇
21
19 2008 19 薄曇時々晴 薄曇時々晴 曇一時晴
20 曇時々晴 曇後雨 薄曇 みぞれ一時雨
20 2009 17 快晴 曇後晴 晴後時々曇 曇一時晴
18 曇一時雨 薄曇後雨 曇後時々雨 曇後時々雨 曇時々雨
21 2010 16 快晴 曇一時雪後時々晴、みぞれを伴う 晴時々曇
17 快晴 晴後曇 快晴
22 2011 15 薄曇 曇後一時雨 曇後一時雪、みぞれを伴う 曇後一時雪 雨後曇一時雪
16 雪一時曇 雪時々晴 雪一時晴
23 2012 14 晴後曇 曇一時みぞれ 晴後時々曇
15 曇一時雨
24 2013 19 快晴 晴時々曇 晴時々曇 晴一時曇 曇一時晴
20 快晴 晴時々曇 曇一時晴 薄曇 薄曇一時晴
25 2014 18 晴時々曇 曇時々晴 晴時々曇一時雨 曇時々晴一時雨 晴一時曇
19 快晴 快晴 雪時々晴 曇時々雪後晴 曇時々晴一時雨、みぞれを伴
26 2015 17 晴時々曇 晴後雨時々雪 晴後一時雨 曇一時雨 曇時々雨後晴
18 快晴 晴後一時曇 晴一時曇 晴後曇 曇時々晴
27 2016 16 快晴 快晴 晴後時々曇 晴後一時曇
17 曇一時晴 曇一時晴 曇後一時雨 曇後雨
28 2017 14 曇時々晴後一時雪 雪時々曇 雪時々晴 曇時々晴一時雨
15 雪時々曇後晴 雪一時晴 晴一時雪 大雪一時曇 晴時々曇
29 2018 13 快晴 曇時々雪一時晴 曇一時雪
14 快晴 曇時々晴 薄曇一時晴 薄曇
30 2019 19 晴一時曇 晴一時曇 晴後一時曇 晴後時々曇
20 晴一時曇 雨後曇 雨時々曇 雨後晴時々曇 雨一時曇後晴 晴時々雨
31 2020 18 雨時々みぞれ一時雪 曇時々晴 曇時々雨一時晴 晴一時曇 雨時々曇一時晴
19 晴後一時曇 晴後曇 晴後曇 晴後曇 曇一時晴 曇一時雨

VRヘッドセットを5年間思い悩んだおばけがOculus Questを購入して満足した

f:id:lastline:20200117105634j:plain

Amazonの初売りでOculus Questを購入しました。安売りされてたわけではなく、特定のセール中ではAmazonポイントが7.5%つくので、最近はセール既刊を狙って日用品や大きな買い物をしています。そのための、Amazonゴールドカード!
容量の大きい方を買っておけという先人の教えをもとに128GBにしました。VR動画は容量が大きいので128GBにしておいて良かったです。

スタンドアローンVR!!

Oculus QuestはスタンドアローンVRを体験できるのが楽しいです。バッテリーの寿命は2-3時間ですが、それ以上は身体や目に負担がかかるので、むしろ丁度よいのでしょう。またまだ使い始めですがやってみた感想をまとめてみます。主に360動画やGoogleストリートビューを見て、ゲームも幾つか遊んでみました。
普段使いとしては、動画を大画面で見ることになりそうです。Oculus Linkなどもお試し中です。3DCGを作るのでVR空間で作ったモデルをグルグルできないかなぁと画策中です。

Googleストリートビューがかなり楽しい

YouTubeや自分の撮影視した360動画やGoogleストリートビューなどを楽しんでいます。ディスプレイが高解像度なので没入感はバッチリです。
GoogleストリートビューはOculus LinkでGoogle Earth VRとOculus QuestでWANDERを試しました。Google Earth VRは鳥瞰モードが楽しいのですが、私の環境だとストリートビューの解像度がやや低かったです。WANDERは有料アプリですが、こちらの方が解像度は高かったです。ただし、回線状況によっては読み込みが遅くなるのが気になりました。
家の近所や、以前に住んでいたところ、旅行で行ったところを見ると、まるでそこにいるかのように感じられました。行ったことが無いところも見てみましたが、行ったことのある場所に比べると臨場感が少ないですよね。これはちょっと不思議だなぁと感じます。

VRゲームに可能性を感じる

ゲームはお馴染みの Baet Saber のデモ版を楽しんでいますが、まだ購入には踏み切っていません。身体を動かす系のゲームは、リングフィットアドベンチャーが忙しいんだ……。
お試しで遊んだ中ではスターウォーズファンなのでVader Immortalが楽しいです。本編ではなく、練習モードであるDojoしかプレイしていませんが、ライトセイバーを売り回すとコントローラーに感触があり、音も相まってジェダイの修行をしている感があります。
Oculus Questなので、VR空間を歩き回れるのですが家が狭いのでそこは十分に生かし切れていません。ルームスケールを設定する際にヘッドセット越しの空間が見られるパススルー機能があるので、その現実の景色とVRを重ねられるとより面白そうです。広い部屋などでVRにマッチした空間を作るとより楽しそうです。

ビデオを大画面で

Prime Video VRゆるキャン△のドラマ版を見ました。大きく見られるので映画館で見てるようです。VRではないのに富士山に立体感がありました。4Kテレビを見てるときにも感じるのですが、高解像度だと3D映像じゃないのに立体感がありますよね。ただ、Prime Video VRは寝っ転がって見られないのが残念。時間が無いので試してませんが、映画をじっくりと見たいです。

ニコニコ動画は専用アプリがないのでブラウザで見る必要がありますが、こちらだと寝っ転がって見られます。標準ブラウザが日本語非対応なためFirefoxをインストールしています。お気に入りなどを共有でき、日本語検索もできるのでこちらを標準にしたい……。
ブラウザでKindle Cloudを試しましたが、残念ながらマンガの見開きには未対応でした。ジャンプ+などブラウザ対応のマンガリーダーであれば見開きで読めます。VR読書も可能性を感じますが、アプリはまだまだ充実していません。VR図書館など、これからに期待したいです。

Virtual Desktopは素晴らしい

Oculus QuestにはPCとの接続方法として、Oculus Linkの他に、Virtual Desktopを利用する方法もあります。Virtual DesktopならWi-Fiでの接続が可能なので、USBケーブルをPCに接続する必要はありません。
私の環境だと、レスポンスも良くVirtual Desktop環境下で文章程度なら書けそうです。ただし、キーボードやマウスが見えないのは思ったよりも困りました。Oculus Quest にはパススルー機能があり、ベータ版ではありますがハンドトラッキングにも対応しているので、コントローラー以外もトラッキングできるようになって欲しい。

大画面でゲームができないかと試しましたが、ゲームをするにはレスポンスが遅かったです。Virtual DesktopはWi-Fiのため言うに及ばず。Oculus LinkのBig Screenではマシンパワーが足りない感じです。Oculus Linkのデスクトップモードは視線とマウスが連動しているため追従性はいいのですが、常に視線が動いてゲームプレイに支障をきたしました。Oculus Rift版のVirtual Desktopはまだ試していませんが、有料なので躊躇しています。

VRヘッドセットを思い続けて5年

コンシューマ向けが発表された5年前からVRヘッドセットに興味はあったのですが、本体が高価であり、高スペックなPCも必要だったので躊躇していました。また、HTC VIVE は Steamゲームに対応しているけど、Oculus は未対応など規格の違いがあり、アプリケーションも充実はしていませんでした。
興味はあったので2年前にVRに対応しているPCも購入しているのですが、常にPCが必要なのは面倒くさいとも感じていました。

lastline.hatenablog.com

VRヘッドセットへの物欲を更に強くしたのが360カメラの存在です。Essential Phone を購入した際にオプションの360カメラもつけました。なんとはなしに360カメラで遊んでいたのですが、旅行で撮影した360写真や動画を見返すのが思いのほか面白かったのです。Google Cardboardで360動画を見ると、その時の思い出が思い起こされる以上に、360動画内で首を振るとその時には見られなかった風景が広がっていることに感動しました。360動画を撮影しておくと、後によりリッチな体験ができることが驚きでした。
私のVRヘッドセットへの興味は、ゲームよりも360動画やGoogleストリートビューなどに比重が大きいようです。そうなると、ますますPCへの接続が煩わしいと思うようになりました。

lastline.hatenablog.com

Oculus Linkで踏み切る

スタンドアローン型のOculus Goが2018年の5月に発売されます。価格も二万から三万円とお手頃だったので興味はあったのですが、VR対応のPCを所有しているのもあり、PC版のVRも体験したいなぁと欲張りなことを考えていました。迷ったら買わないの精神で一年間迷っていたら、2019年の5月にOculus Questが発売され、同年11月にOculus Linkが発表されました。このOculus Linkこそまさに私が待ち焦がれていたものです。普段はスタンドアローンだけど、時々PCでVRを体験したいと考えていた私にぴったりです。
Twitterで疑問点を書くと、Oculus GoやQuestを持っている人からアドバイスが得られるのも購入の一助になりました。特にメガネを装着している場合の使用感などが参考になりました。私の場合は、Oculus Questにシリコンカバーを装着し、スポーツ用のメガネをかければ圧迫感がかなり低減されました。

また、Twitterで参考にしたのがカウンターバランスの装着。Oculus Questは本体に過重がかかるので、目の周りが圧迫されます。気がついたら歯を強く噛みしめています。後頭部あたりにおもりをつけてバランスをとれば、圧迫感が低減されます。このカウンターバランスとしてTwitterでよくみかけるのがダイソーのリストバンドです。私は250gを購入しました。マジックテープが付いているのでOculus Questにそのまま装着できます。ちなみに、KICKSTARTERでスタイリッシュなバランスがクランドファンディングされてます。日本には100円ショップがあってよかった!

www.kickstarter.com

VR沼にはまりそう

360動画が思いのほか楽しかったのですが、そうすると高解像度の360カメラも欲しくなりますし、よりハイスペックのPCも買いたいと思うようになります。また、VIVE Cosmos などより良いVRヘッドセットにも興味がそそられます。VR沼にはまりそうです。

スカイウォーカーの夜は明けたの?

スターウォーズ Ep. 9 こと「スカイウォーカーの夜明け」をを見てきました。感想を一言で述べるなら「新シリーズを作る必要あった?」ですね。私は、全然楽しめませんでした。前半は眠気と戦っていました。
Ep. 4 や Ep. 5 のオマージュとして、レイとフィンとポー、時々チューバッカのドタバタ冒険劇をやりたかったのでしょうが、必然性の感じられないエピソードが多く長すぎる。ドタバタ劇としては、Ep.8 の方ができがよかったです。
それにしても、Ep. 8 で示された方向性とはなんだったのか。

以下はネタバレあり愚痴

レイによってネタバレ全開で感想を書きます。
スターウォーズのEp. 1 から Ep. 6 は二人のスカイウォーカーの話でした。Ep. 8 ではスターウォーズを今後続けて行く上で、そのスカイウォーカー=血筋からの脱却を示したのだと受け取っていました。無いものでもない人物が主役になれるのが、Ep. 8 で示されたものだと感じていました。Ep. 9 もスカイウォーカーを血筋ではなく、ジェダイのような概念に仕立てる意味で「スカイウォーカーの夜明け」と名付けたのでしょう。実際、最後のシーンはそれを示唆しています。ただ、レイはパルパティーンの孫でした。つまりは、スターウォーズ全シリーズは影の主役であるパルパティーンの話になっていまいました。もちろん、スターウォーズジェダイとシスの物語なので、シスが影の主役なのは当然です。ただパルパティーンが復活するなら、 Ep. 8 あたりで仄めかしておけよと。

lastline.hatenablog.com

旧作のキャラクターを雑に扱っている割に、そのエピソード自体が必須ではなく眠気を誘いました。チューバッカを死んだと思わせて、実は生きてました。C-3POのメモリーが飛びましたがバックアップで復活しました、喪失からの復活を天丼にしてどうする。もちろん、C-3POはバックアップがある点が先に述べられているのですが、それならシスの言語を翻訳するとメモリーが消去される共和国のシステムはガバガバ過ぎませんかね。

レイとベンのキスシーンで頭に大きなクエスチョンマークが浮かびました。一体、どこにヘタレのベンに惹かれる要素が?もちろん、Ep. 7 の頃からずっと二人は精神的に繋がれていましたが、それはレイにとっては宿敵であり、カイロ・レン(ベン)にとっては暗黒面への誘いであって、互いを尊重し合う関係ではありませんでした。もちろん、最終戦ではレイがベンにライトセイバーを託すまでの信頼していますが、それは共にジェダイとして戦う仲間であって男女の仲ではないと思っていました。男女の関係を匂わせる程度で、キスまで行かずに互いに抱き合うだけくらいで十分だと思うんですけど。

今思えば、Ep. 7 をハリウッドのチャイニーズシアターで英語版を見たときが一番興奮しましたね。

f:id:lastline:20200115091328j:plain

2019年に買ったと良かったものと2020年に気になるもの

年末定例。2019年に買ってよかったものをまとめておきます。

モバイルディスプレイ

greenfunding.jp

ゲーム用にノートPCくらいのディスプレイが欲しいなと思っていたら、今年になって「モバイルディスプレイ」が爆発的に増えました。私は、Vinpork のグラウドファンディングで15インチタッチ対応のモバイルディスプレイを出資しましたが、今だともっと安いのがありますね。
持ち歩くことはありませんが、ノートPCのように使っていないときに仕舞えるので場所を取らない点が気に入っています。

PC に接続すればタッチパネルも使用できます。Android 10 がデスクトップモードに対応予定だったのにスルーされたのが残念です。

加湿器

冬場は乾燥で、唇は割れるし、鼻炎の鼻水が固まって寝ている間に息苦しいので、以前から加湿器は欲しかったのです。家電量販店で物色しても適当な大きさのがないので購入には至っていませんでした。Amazon を物色しているとGoogle Home に対応している製品があったので購入しました。サイズは底辺が 17 cm × 17 cm で高さが 34 cm と、ちょうどXbox の次世代機である Series X と同じくらいのサイズですね。そう考えると、 Series X ってでかいですね。

充電式の加湿器も購入。こちらは、350 mL のペットボトルよりもやや太いくらいでしょうか。充電式なので、場所を問わず使えます。一回充電すれば、間欠運転なら8時間くらいは持ちます。加湿器のないホテルで寝る際にベッドのそばに置いておく、なんて使い方もできます。小型のため広い範囲での仕様には向きませんが、車の中などで使用するのにも向いてるんじゃないでしょうか。

Nature Remo mini

Nature スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1

Nature スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1

  • 出版社/メーカー: Nature 株式会社
  • メディア: エレクトロニクス

Googleクラウドストレージサービスである Google One を利用していたら、Google Home mini をくれるというのに貰いました。YouTube Premium でも似たようなキャンペーンをやっていますね。
Google Home をテレビのリモコンとして使いたかったので「Nature Remo mini」を購入しました。テレビを音声で操作するには、さらに「IFTTT」でコマンドを設定してあげる必要があるんですが、音声でテレビのオン・オフ、チャンネル変更ができるのは便利です。
温度計が内蔵されているので、エアコンと連動して室温を制御できるのですが、そこまではやっていません。

マグネット式USBケーブル

地味だけど便利だったのが、マグネット式のUSBケーブルです。

Fire HD 10 を持っているのですが、受電する際にUSBケーブルを挿すのが面倒でした。それ故に使用頻度も下がっていました。マグネット式だと挿す手間も、抜く手間もなくなり、くっつけるだけなので使用頻度も向上しました。持ち運んだり、家の色々な場所で使いたいとなったらUSBケーブルをマグネット式に統一する必要があるかと思いますが、特定の機器を特定の保管場所で充電するだけなら、一本あれば十分でしょう。

ヒーロークリップ

またしても地味に便利だったものとして「ヒーロークリップ」。バックパックやトートバッグに付けていますが、色んな場所に引っかけられるのが本当に便利です。カフェなら机、棚の端っこなどなど。ミニサイズもありますが、引っかける用途なら大きいサイズをお勧めします。

ジェットウォッシャー ドルツ

セールで6,000円くらいだったので購入。歯間のゴミがすごく取れる!って感じはありませんが、歯ブラシでは取り除きにくい汚れも落とせますし、なにより歯茎のマッサージとしてはすごく良さそうです。寝る前にやっておくと、朝の口の不快感が軽減できる気がします。
ノズルから水がガンガンでるので、最初の内は自分も周りもべちゃべちゃに濡れると思います。夏頃に買って冬あたりには扱いに慣れておくのがおすすめ。

2020年に気になるもの

ずっと気になっているのはVRで、その中でも Oculus シリーズに興味があるのですが、どれを買えばいいのかという。用途としては、バーチャルデスクトップや映画などの鑑賞、自分で撮影した360カメラのビデオ再生で、時々PC用のVRゲームもやりたいなと思っているので恐らく Quest なのでしょうが、仕様が定まっているんだか、いないんだか。迷っている間に、新しいのが出そうな気配がします。

スマートフォンを買い換えるかもしれないので今からPixel 5 が気になっています。一番気になっているのは、Surface Duo/Neo なんですが来年の年末と言われているのでまだまだですね。