ポケモンGOとスプラトゥーン2で子どもの夏休みっぽい週末

スプラトゥーン2の発売とポケモンGOのイベントを満喫したら、なんだか子どもの夏休みっぽい週末をすごせてしまった。働きたくないでござる。

イカ三昧

21日の金曜日にスプラトゥーン2が発売され、朝からチュートリアルをやって出勤。その日の夜はあまり遊べなかったけど、土曜日にクーラーの効いた部屋で遊び倒す。ヒーローモードを軸にしてプレイしていたので対戦はあまり捗らず、ランクも7くらいに留まっています。バイトが割と楽しいのですが、ランクが一つ上がるだけで割とヒイヒイ言っています。

前作は気にはなっていたけど、結局遊ばずじまいだったので、立ち回りとかはよく分からないけども、よく分からないなりに楽しんでいます。とりあえずローラーで遊んでみて、今はプロモデラーを使っている。ローラーは調子に乗って塗ってるとインク切れしてることが多い。シューターであるプロモデラーの方が取り回しが良いのだけども、ナワバリバトルで押し巻けていることが多い。そろそろ、チャージャーでスナイパープレイをやってみたいと思っている。
フレンドコードは SW-1368-8019-7502 なのでよろしくお願いします。

フリーザー取ったどー

日曜日は朝からゆるゆるとスプラトゥーン2をやっていたら、家の近くだけども普段は人がいないジムにルギアが爆誕してました。残り時間も少なかったのでその時はスルー。

f:id:lastline:20170723211202j:plain
午後から、もうちょっと人が集まりそうなジムへ行くと運良くルギアがいました。人もそれなりにいて、15人くらいで参加できたんですが、結構ギリギリでした。技がゴッドバードで、3回に一回くらい飛んでくるので大技を放つタイミングが無かったのが辛かった。自分が、対ルギアに有効なポケモンがいないのも申し訳ない感じ。ただ、そもそもイワークが全然いない地域で、持ってるゴローニャは技が微妙だし、バンギラスとか未だにヨーギラスすら手に入れてません。

ルギアを倒すことはできましたが、残念ながらゲットはできず。しょんぼりしながら帰宅していると、フリーザーが出現しており、ルギアほどは人が集まっていませんでしたが、炎系を結構育てていたのもあり、割と楽に倒せました。質の高いトレーナーなら10人未満でいける感じかも。フリーザーは運良くゲットでき、伝説級のレイドバトルを二戦やって、一匹ゲットできたのは運が良かったなと。ただフリーザーを手に入れても、ジムにはおけないし使い勝手としては、ラプラスの方が良さそうと言う。

f:id:lastline:20170723211218j:plain

「昔のインターネットの方が個人の利害が関係ない情報をたくさん見れた気がする」のは幻想だと思う

なんか昔はインターネットってもっと有用なかんじだと信じてたというか、個人の利害が関係ない情報をたくさん見れた気がするんだけどそういうのも幻想だったんだろうか。

アフィ死ねよ

幻想だと思う。個人の利害の関係ない情報はたしかにあったけど、たくさんはなかった。利害の関係ない当たり障りのない日記はよく見かけましたが、それは「情報」ではない。
昨年あたりからキュレーションサイトが問題になっていたけども、検索しても自分が求める情報にリーチできない問題は、ずーっと続いている。検索サイトの敗北だよなと。

ブログサービスが台頭しだした2005年前後には、個人ブログがひっかりやすくなったから検索結果が汚れただの、それ以降はYahoo!知恵袋とか教えてgooが台頭してきたので、全然ベストじゃないベストアンサー見せられていらつくだのという文句があった。それと並行して2ちゃんねるまとめサイトも良く引っかかる。2000年代後半になるとSEO対策が当たり前になり、ますます自分が見つけたい情報が隠れてしまう。PCのエラー文で検索したら、結局解決しないSEO対策だけしているよく分からないブログなどが引っかかる始末。2010年前後にはアフィリエイト用のサイトが乱立し始める。商品を検索したら、アフィばっかりで商品の情報が全く得られない。その後はNAVERまとめだの、2ちゃんねるから切り離された、まとめサイトだのが目立つようになってきて、この頃はより大規模なキュレーションサイトが跋扈している状態。

昔もガジェット系やオタク系の情報はアクセスしやすかったとは思う。ただ、やはり現在の方が情報の量も多いし、質も高い。特に、ガジェットやゲームの攻略などは動画ありきになっている。ゲーム市場は死んだ においてwikiが更新されないと嘆いていた増田がいたけども、YouTubeで攻略動画を探した方が早い。ただまぁ確かに、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドなどを見ると、格安ライターに外注したと思われるwikiばっかりな上に、有用な情報が載ってないこともしばしば。英語圏wiki機械翻訳でもいいから載せればもっとマシになるのに。

それ以外の情報は網羅的に得ることができなかった。例えば、家電のレビューなどは、価格コムやAmazonなどが扱う以前はほぼ見つけられなかった。飲食店の情報は、クーポン系のぐるなびホットペッパーが先んじて、その後に食べログが来るけども、それ以前はiタウンページなどを参照するしかなかった。病院などもポータルサイトができるまでは、インターネットで探すのは困難だった。
オタク系の情報にしても、発売日などをまとまってみることはできなかった。
これらの情報は徐々に充実してきて、比較的快適に見つけられる時期というのはあった感触はある。恐らく2010年から2013年くらいで、要するにスマートフォンが一般的になる直前だろうか。スマホが普及しスマホ向けのサイトが増え、インターネットの主となったのが、現在のクソみたいな状況の一因なのだろう。
ステマもその頃から徐々に問題になり始め、また【PR】記事も多くなったように思う。ただまぁ、個人的には記事のタイトルに【PR】と入れるか否かよりも、スマホ用のサイトで見た際にでかでかと表示されるバナー状の広告の方が遙かにうっとしいし、消えて欲しい。なんだよ、うっすらと中央に表示されたかと思ったら、スッーと下へスライドする広告。滅びろ。

それはさてき「情報」に関しては、以前に比べれば政府の情報もネットで参照できるし、民間も活用しているので、遙かに量が多くなった。昔の方が有用な情報が「たくさん」あったというのは幻想だろう。検索エンジン自然言語で検索しても、それなりの結果が得られるようになったけれども、それ以上にキュレーションサイトやアフィリエイトなどのせいで、目的とする情報にアクセスしにくくなっているのは確かではある。

ブレスオブザワイルドの剣の試練をクリアしたので雑感

DLCパックを事前に購入していたので、配信と同時にダウンロードしようと思ったら、ダウンロードする方法がよく分からず戸惑いました。

お面などはヒントがあったので、早々に集めることができたのだけど、コログの実も素材集めも終わっているので手に入れても特に使用する機会が無い。
コログの面やムジュラの仮面などはやり直したり、マスターモードで役に立ちそうだが、スプラトゥーン2ドラクエ11が間近に控えているので、そんなにどっぷりとプレイする時間も無い。そもそもGTA5を早くクリアしないといけないのだ。

ちょぼちょぼプレイしていたので日数はかかったが、剣の試練も無事にクリアできた。それなりに歯ごたえはあったし、マスターソードの攻撃力も常時60になったけども、やっぱり威力を試す機会がない。マスターモード向けなんだろうけど。剣の試練自体も、そんなに面白いとも思えず、自分としてはマップ中を歩き回るのが楽しかったのだなと再確認した次第。

剣の試練の指針としては、丸裸でスタートするので主にリモコン爆弾を使い武器を節約し、強い敵は弓矢でクリティカルを狙っていった。武器を節約できれば高所の敵は奈落やマグマに落とした方が楽だと思う。
というわけで、序位はほぼリモコン爆弾で踏破できた。中位の前半は上昇気流のためリモコン爆弾が使えず、爆弾や雷の矢を使われまくるエリアがとても面倒だった。自分としては中盤の暗闇や、終盤のガーディアンが出てくるエリアの方が楽に思える。ほぼ初期状態で極位のガーディアンを倒せるくらいにはやりこんでいたので。
極位でに主にリモコン爆弾を使用。溶岩のエリアでリザルフォスから弓を奪うために、弓矢を使用して倒した。溶岩に落としてもしないし。極寒エリアは炎の剣か、メテオロッドを背負えばいくらでも時間をかけられるので、ひたすらリモコン爆弾で攻撃。終盤はビームの跳ね返しと古代兵装の矢で乗り切った。ビームの跳ね返しができないとかなり辛いだろう。そのため、錆びた盾でもよいので多めに回収しておくと良いかも。結局、武器やアイテムが随分あまって極位をクリアできてしまった。

ポケモンGOの新ジム戦は新陳代謝が増したと思う

ポケモンgoのアップデートがエグいよね。 島国大和のド畜生

ジム戦が新しくなり、所属チームは関係無く参加できるレイドバトルが加わった。

ジム戦の新陳代謝が早まったので、自分としては以前よりも入れる機会が増えた。また、ジムを崩す機会も増えた。
アップデート前は自分が所属していない二色チームのレベル10タワーばっかりが乱立しており、しかもほとんどがカイリューハピナスを占めていた。カイリューならまだしも、ハピナスが最下層にいると時間ばっかりかかって大変なので一つ崩すのも面倒といった感じ。
所属するチームのジムを偶に見つけても既にレベル10で入る隙間が無かったり、入れたとしても直ぐに帰って来たりと、ジム戦をするメリットがほとんど無かった。

ジムに関わる機会が増えた

自分はポケモンポケモンを集めるゲームと考えているので、ポケモンGOに関しても集めることを主眼に置いたプレイスタイルだった。恐らく、日本で多いとされる中高年もそうなんじゃないかな?と思う。もともとジム戦をそれほど重要視していなかったけども、それにしても旧ジム戦は、自分にとっては参加しても回復アイテムが減るだけのシステムでメリットがほぼ無かった。
それ故に、今回のアップデートによりジムバッチを集めたり、木の実を与えたり、他の勢力のジムにちょっかいを出しやすくもなったので、ジムと関わることが増えた。今回の仕様では、倒す度に防御側のポケモンのCPが減るので、段々と楽になってくる。木の実による補給が入らなければ、レベル10のタワーを崩すよりも楽になっていると思う。プレイヤーが多く、ポケストップの密度が高い都会ではまた異なる力学が働くだろうけども。
ジムで貰えるポケコインが一日当たり50になり、ジムに置いたポケモンが帰ってこない限りコインを貰えなくなっているので、ジムに居座るメリットがかなり低い。もちろん、ジムバッチのレベルは長く居座った方が上がりやすいけども。
ナイアンテックはジムの新陳代謝を早める方向に大きく舵をとったと考えている。

レイドバトルは参加する機会がない

レイドバトルに関しては、郊外に住んでいるので全く人が集まらず、ランク3以上のポケモンを倒すことはほぼ無理な感じ。レイドバトルに参加するにも、帰宅時間にしか挑戦できないなので、今まで二度ほどしか経験できていない。

ポケモンが代わり映えしない

個人的には、位置ゲーといいながら、出るポケモンがかなり代わり映えしないのが不満だ。東京や名古屋、大阪に出向いた際に立ち上げたが出てくるのは、ポッポ、オタチ、コラッタイトマルなどなど、家の周りに出てくるやるばっかりだ。シンガポール旅行の際に金銀が実装され、空港でイトマルアリアドスを捕まえて、日本に帰ってきたら成田でわんさか沸いてたので悲しくなった。

バッテリー消費激しすぎ

旅先で立ち上げるには電池の消費が激しすぎる。出先では地図や乗り換え案内、カメラなどを使用したい。モバイルバッテリーを持ってはいるが、ポケモンGOを1時間フルで利用したら30~40%持って行かれるので焼け石に水だ。そもそも仕事にしても、観光にしてもポケモンGOを立ち上げる暇が無い。
アップデートの度に、動作が重くなりバッテリー消費も激しくなったいるので、むしろそちらを改善して欲しい。

海外の評判はどうなんだろうか

ジム戦の新陳代謝も早まり、ポケストップを回したり木の実を上げたりと、参加する方法も増えたので、以前よりもジムと関わる機会が増えた。
自分としては、位置ゲーのくせに出てくるポケモンが大して代わり映えしないのが不満である。これは、日本の立地条件だとどこも同じ区分けになるからかもしれないけども。ジム戦にしても、海外、特にアメリカではどうなのかが気になるところ。

聖剣伝説2のために聖剣伝説コレクションを購入

聖剣伝説コレクション

聖剣伝説コレクション

聖剣伝説コレクションを買って、一番好きな聖剣伝説2を先ずはプレイしたので、その感想を。実質、聖剣伝説2のためだけに購入しています。
聖剣伝説コレクション自体の評価としては、BGMモードがあるのが良いですね。

移植度は高いが、それ故に残念なところも

iOS版などもプレイしてきましたが、やはりバーチャルパッドよりも、コントローラーの方がプレイは快適。ただ、アナログスティックとリングコマンドの相性はあまり良くなく、リングを回転させようと横方向にスティックを倒したつもりが、縦方向に入ってしまい他のメニューのリングへと遷移することが度々ありました。フィールドでも移動はアナログスティックの方がスムーズですが、敵と戦う際に直線移動したい場合なども十字キーの方が細かく操作できました。というわけで、正確に上下左右を入力したい場合は十字ボタンを使っていました。

基本的に携帯モードでプレイしていました。聖剣伝説2に限らずSFCのゲームは20時間くらいでクリアできるので、現在だとボリュームとしては携帯ゲーム機向きだなと思います。スリープ機能があるので一時中断も可能ですし、聖剣伝説コレクションにはWii Uの丸ごと保存のようなクイックセーブ&ロード機能もあるので、ますます携帯ゲーム機向きです。任天堂は早くSwitch対応のVCを開始して欲しい。

移植度はかなり高いです。実機さながらに特定のSEの影響によりBGMの一部音源が聞こえなくなったり、バッファフローにより敵が読み込まれなくなったりします。ただし、移植度が高い故にバグもそのままなのが残念です。セレクトバグは取り除かれているようですが、ミノタウルス系のボスに勝利した際にキャラクターが消えるバグや、魔法のロープを売れたり、マナの剣を作れたりもします。消失バグはプレイ中に遭遇し、プリムが消えてしまいロードし直しました。ランディはともかく、プリムだとオーブに魔法をかけらなくなるので詰みです。進行不能になるバグは取り除いて欲しかったです。どうやら、1においてもフレアが弱体化するバグやレベル99以上でレベルアップすると永遠にレベルアップするバグなども取り除かれていないようです。恐らく3もバグがそのまま残っての移植でしょう。

タイガーキメラ問題

iOS版振りのプレイでしたが、やはりタイガーキメラの難易度はおかしい。レベルデザインというよりも、戦闘の仕組みにより難易度が上がっています。聖剣伝説2は操作キャラクターが多段攻撃を喰らうとずっと操作を受け付けません。これは敵味方関係なく可能なので、敵をはめることもできるけども、敵からはめられると非常に理不尽に感じられるのが人間です。ニードル系やニンジャなどの雑魚敵からも、はめられて全滅することがあります。タイガーキメラの場合は、物理攻撃が多段な上に睡眠が付与されていてすぐに操作できなくなる。さらにフィールドが狭いのでよけにくい。フィールドが狭いのは舞台があるからで、タイガーキメラが舞台に上がると遠隔攻撃武器しか届かないのに、火だるまにしてくるのでやはり操作できなくなります。これらにはまらなければスムーズに倒せなくもないですが、回復アイテムも多くはないので尽きてしまい全滅と相成ります。
さらにさらに、SFC版にはセレクトバクがあるので、操作キャラが操作を受け付けないからとセレクトを押して変更するわけにもいきません。
魔法が使えたりスピアがあると楽になるので、タイガーキメラが登場するタイミングがおかしいのでしょう。どう考えても魔法もスピアも手に入る、ウンディーネ以後に登場すべきボスだと思います。

クイックセーブの恩恵

攻略ルートを知ってるのもあってかなりあっさりと進めることができました。思い返してみると、長いダンジョンはあまり多くはないんですよね。流石に古代遺跡は時間がかかりましたが、その後のマナの聖地などはエリアこそ多いものののマップ一つ一つは狭いので長くは感じません。
武器パワーを最大にしてレベルも99まで上げるのがいつものプレイスタイルなのですが、今回はクイックセーブのお陰で武器パワーを効率よく集めることができました。宝箱の中身が開ける瞬間に決定する方式で本当に良かった。
3もアイテムの種でガチャが待ち受けているのでクイックセーブが生きそうですね。

そろそろ、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのDLCが来ますし、そうこうしてい内にスプラトゥーン2ドラクエ11が来しまうので今のところ1と3をやる予定はありませんが、まぁその内にでも。