読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越が多いならIKEAは買うな

IKEAの家具は引っ越しの際、どうして補償対象外になるのか - TogetterまとめIKEAの家具が引越の際に補償対象外になることが多いという話題が盛り上がっていました。そろそろ新生活を始める人が増える時期です。IKEAに限らず組み立て家具を購入する際は次の引越も見据えて検討した方が良いです。

組み立て家具が引越業者に敬遠される理由として以下の二つが考えられます。

  1. 搬出・搬入できないサイズのため解体する必要がある。
  2. 分解、再組立が考慮されておらず構造が脆い。

IKEAはこの二つの条件を満たしていることが多いのです。

サイズが大きい

組み立て家具でありがちなのが、部屋から出せないこと。
サイズが大きくても、組み立て家具なら個々のパーツが小さいため入り口が狭くても部屋の中に入れることができます。しかし、一旦組み立てると部屋から出せなくなることが。また、仮に搬出できても引っ越し先へ搬入できないケースもありえます。この場合、家具を解体するしかありません。

IKEAの家具は人気のため、引越業者が遭遇する確率が高いのでしょう。また、スウェーデン発祥のIKEAは日本の住宅事情を考慮していない製品もあるため、搬出・搬入できないサイズの割合が他の家具よりも多いのでしょう。
引越当日に解体する場合、時間も人手もかかるので、引越業者としては見積もり時に確認しておきたいのでしょう。

構造が脆い

安くすませたいなら、依頼者が自分で分解すれば良いのですが、再組み立てが考慮されていない組み立て家具を解体して組み立て直すと、どうしても強度が落ちます。特に、木ねじで組み立てる家具は一旦解体すると強度が極端に落ちます。パーツが多い場合は再組み立てが難しくなります。共にIKEAに多いのではないでしょうか。

組み立て家具の強度は組み立てた人の技量によるところがあります。ねじ山がつぶれいるとか、無理矢理組み立てたせいで分解できないことも。
そもそも、組み立て家具でなくても長年使えば強度は落ちますし、引越を繰り返すと壊れやすくなります。いわんや、組み立てをや。
組み立て家具に限らず補償の関係から、家具のがたつきや傷などを見積もりや搬出時に業者が随時依頼者に確認するのが一般的かと思われます。

クラフト材がおすすめ

組み立て家具であっても、アングルやスチール棚は丈夫で組み替えも自在ではあります。しかし、重すぎるので引越が多い人にはお勧めできません。
引越が多いなら、クラフト材や段ボール製の家具が軽くて処分も簡単なのでおすすめです。