読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本、アメリカ、ヨーロッパにおける自動車メーカーのシェアを調べてみた

アメリカ車を日本で売るメリットって何?

外車が売れないと言いつつ、アメリカの車、つまりフォード、GMクライスラーが売れないと言ってる記事で、ヨーロッパ車に関する記述はありません。
アメリカ車が日本で売れないことへの吐露なのですが、アメリカの自動車メーカーが日本で車を販売するメリットが殆ど無いように思えます。そのため、この記事の位置付けがイマイチよく分かりません。

さて、日本では外車と言えば、VWBMWメルセデスとドイツ車が売れているイメージです。アメリカ車に比べればヨーロッパ車は、まだ普及している気がします。
一方アメリカは日本車は健闘しているものの、ヨーロッパ車は全然売れてないイメージ。
では、ヨーロッパではアメリカ車は売れているだろうか?
というわけで調べてみた。

アメリカ車が検討しているヨーロッパ

ヨーロッパでは、アメリカのメーカーであるフォードやGMがそれぞれ10%弱のシェアです。対して日本車は、トヨタでも4%程度とあまり振るっていません。次いで、日産が高くなるのはルノー傘下だから。スズキが1.4%なのは、ハンガリーに工場があるからでしょう。

ヨーロッパではVWでのシェアが最も高いです。それでも10%強のシェアで、一つのメーカーが市場を独占しているわけではありません。これはヨーロッパ全体で見ているため平均化されるというわけでもなく、イギリスやドイツなど国別で見ても最大で10%強のシェアしかありません。フランスは国内メーカーで50%を占めていますが、それでも半分は国外メーカーです。

ヨーロッパはアメリカ車のシェアが高いものの、フォードのヨーロッパ部門は、アメリカ部門とは異なる方向性で販売しています*1。つまり、ヨーロッパ向けに戦略を立てて販売しています。また、元々ヨーロッパのメーカーであたマーキュリーやボルボはフォード傘下、オペルとSAABはGM傘下となっています。
つまり、ヨーロッパでアメリカ車が売れるのは、ヨーロッパ向けの車を販売店しているからでしょう。

日本のメーカーは健闘しているが、ヨーロッパは振るわないアメリカ

アメリカで最もシェアが高いのは17%のGMで、次いで16%のフォード。3位に14%のトヨタ、4位が12%のクライスラー、5位がホンダで10%。日産も8%と検討しています。
対してヨーロッパ車BMWが2.8%、VMが2.5%、とシェアはかなり低いです。ルノーは二度参入にし二度とも撤退しています。BMWVWのシェアはは、昨今アメリカでシェアを伸ばしてきた韓国の現代の4.7%にも及びません。
日本のメーカーが検討しているのは、アメリカの工場が生産しているから。
ヨーロッパのメーカーがアメリカで振るわないのは昔からで、ルノーなどはアメリカへ二度進出し、二度とも撤退しています。

トヨタ一強いの日本

国内メーカーは販売台数で、輸入車は登録台数のため厳密には比較的ませんが、国内メーカーの販売台数が537万台に対して、輸入者の登録台数が32万台と、日本における海外メーカーのシェアは6%程度と非常に低い。その中で、売れているのはVWBMWメルセデスなどのドイツ車であり、アメリカのメーカーは全く売れていません。
そもそも、トヨタが30%も占めているという点で、海外のみならず国内メーカーすらもトヨタのシェアに入り込まないと売れないと言っても良いのでは無いでしょうか。