読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone版のCivilization Revolutionで天帝OCC

需要があるかはさっぱり分からんが、iPhone版のCivilization RevolutionにおけるOCC(One City Challenge)のTipsをまとめておく。
iPhone版のCivilization Revolutionの難易度はそんなに高くないのでクリアするだけならOCCの方が時間もかからず楽です。30分かからずクリアできます。

勝利条件

テクノロジー勝利を目指すのが最も手っ取り早いです。
経済勝利も不可能ではありませんが、金の産出力50%のボーナスのない文明では厳しいでしょう。
文化勝利は文化転向を利用できず、遺産を建てる暇がないので厳しいです。ローマならば不可能ではありませんが運ゲーですね。
制覇勝利は条件上不可能です。

立地と資源

国王程度ならそこまで立地を気にする必要はありませんが、天帝だと立地が悪いとAIに勝てません。防戦が多いので丘の上だと楽になります。当然丘の麓はもっての外です。
技術で先行し、一番乗りボーナスを獲得していくのが勝利への道なので、海と砂漠が多い立地が望ましい。砂漠は交易所を建設すれば交易力3ですが、OCCでは攻められっぱなしになり敵ユニットが常駐すると陸地マスを有効に利用できなくなります。海ならば港建設後に食料が+1になり人口増加と交易力を得られ、敵ユニットが常駐ことも少ないです。海+港で食料を確保できるので草原はそこまで必要ありません。
OCCでは生産力が不足しますが、技術獲得のため交易力重視の市民配置になることが多いため生産力を生むマス目が多すぎても困ります。図書館や裁判所はある程度ハンマーを投入し緊急生産で建設すればよいので、森が精々1マスあれば事足ります。その後も緊急生産を利用する機会が多いので、裁判所建設後に届く範囲に生産力を生むマス目が2〜3あれば十分です。

初期配置は丘の上で、交易用に海が5〜6マス、生産用に森が1〜2マス、食料確保に草原が1マスが理想。裁判所圏内に海が6マス以上は欲しい。生産用に森ならば2〜3マス、丘なら2マス程度、山は1〜2マス。裁判所圏内に山があると後半の生産力を確保できるので非常に有利。海の代わりに砂漠が2〜3マスがあっても良い。
資源は砂漠と同じ理由で、敵ユニットの常駐により陸地の資源を有効に活用できないことがあるので、海資源の方が重宝します。特に、魚があれば早い時期から研究と人口増加を両立が可能。魚が2つあれば言うことなしです。獲得自機は少し遅いですが、クジラも食料+4なので強力である。勿論、染料も有益である。OCCは生産力が不足するので陸地は生産力アップの資源が望ましいが必須ではありません。

テクノロジー

必要な一番乗りボーナスの研究に特化する。必要のないテクノロジーはテクノロジーの穴埋めを利用し取得する。

魚があれば青銅器→アルファベット→筆記(スパイ)→識字(研究+1)→法律(交易所)→民主主義(矛槍兵)→君主政治(偉人)→航海術(ガレオン船)→余裕があれば工学(生産+1)→発明(偉人)→大学(研究+1)→蒸気機関(巡洋艦)→鉱山(生産+2)→産業化(金+5)→共産主義(工場2/3)→電気(潜水艦)→原子理論(研究+2)→電子工学(交易+2)→航空工学(爆撃機)→宇宙飛行

火薬が研究可能な時期に、AIの猛攻がきつい場合は火薬。大量生産に届きそうなら大量生産を研究。航空工学は研究力が足りない場合、内燃機関などの前提技術も研究する。

建築物と世界遺産

初手は森と草原で戦士生産。5ターン後に戦士ができたら、森から海に変え技術開発を行います。10ターン目に人口が増えます。その際に、最初の戦士が探索していない方向があるなら戦士を生産しましょう。ない場合は海に配置し技術開発を加速。
初期は首都に防御用にユニットは置きません。民主主義後に矛槍兵を置くだけです。AIの攻めがきつい場合は矛槍兵軍団を編成します。その後、AIの攻め具合によってライフル兵や歩兵による軍団を編成します。AIの猛攻はきついですが、戦車を生産せきる内燃機関獲得までは防御に徹した方がいいでしょう。海上ユニットとしては巡洋艦隊がいれば十分です。折を見てスパイを巡洋艦隊に詰め込んで偉人を誘拐できればゲームを有利にすすめることが可能です。

建築物はある程度ハンマーを投入し緊急生産するのが基本戦略となります。金獲得によるボーナスを意識しつつどんどん緊急生産しましょう。初期に建築しなければならいのは図書館と裁判所です。100金獲得による開拓者ボーナス後に図書館を緊急生産するのが理想です。
文化圏を確保したいところですが初期は寺院を建築する暇がありません。しかし文化圏を広げないとAIが都市をねじ込んでくることもあります。文化圏の調整に失敗するとAIの都市を文化転向させてしまってOCCが失敗したり、AIによる文化圏押しで住民をうまく配置できなかったりすることもあります。アーティファクトの契約の箱で寺院を建築するのが理想です。
砂漠があれば交易所が欲しいですが、出来れば法律の一番乗りで建設したいものです。ローマがいれば無理ですが・・・。
裁判所後に建築したいのは港、大学、工場です。山があれば鉄工山も。何よりも大学ですがハンマー160と重い。共産主義など現代の技術獲得頃には建築したいものです。ハンマーが足りない場合は、共産主義に変更し大学建造に勤しむ必要もあります。工場は共産主義一番乗りボーナス後に建造しましょう。何よりも大学を先に建造したいですが、生産力が足りない場合は工場を、食料が足りない場合は港を先に建築することも必要となってくるでしょう。

世界遺産は建てる暇はありません。大学と工場を建設し、宇宙飛行まで間があるなら建築してもよいでしょう。AI
の文化勝利を抑えることも出来ます。オックスフォードで航空工学が建築できれば言うことはないです。裁判所から文化を生むマグナカルタも建築するのもよいでしょう。共産主義下でも文化を確保できます。東インド会社は一見有利に見えますが、AIが早々に飛行機を獲得して陳腐化してしまうことが多いです。
マンハッタン計画によるICBMはOCCにおいて唯一のAIへの都市攻撃方法ですが750ハンマーはきついものがあります。大建築家で獲得したほうが無難でしょう。

偉人とアーティファクト

偉人は大科学者の定住が必須です。大建築家を定住できれば非常に有利にゲームを進めることが可能でしょう。以下にまとめますが、大芸術家/思想家はいらない子ですね・・・。
偉人が欲しいので、君主制と発明の一番乗りボーナスは是非獲得したいところ。500金のボーナスも意識しましょう。

  • 大科学者
    • 研究力を増加させるために大科学者の定住は必須。なるべく早いうちに欲しい。
    • 二人目は宇宙飛行、三人目は宇宙飛行前の技術を取得するまで温存。
    • 二人いればかなり安定するだろう。
  • 大建築家
    • OCCではハンマーが足りないので大建築家も早期に定住させたい。図書館建設前に出現すれば楽になるだろう。宇宙船のパーツもハンマーが半分で済む。
    • ハンマーを十分に産出できれば必須ではないが、いれば非常に有利である。
    • 二人目は世界遺産建築に利用したい。何を建築するかは状況によるが、マンハッタン計画を終了させ核兵器を取得できればもしもの時の保険になるだろう。
  • 大探検家/企業家
    • 金貯蓄によるボーナス狙いか。
    • OCCでは市場、銀行を建てる隙がないので定住しても効果は薄い。
    • 私は現代まで温存し400金を得て500金の偉人ボーナス獲得のために使用する事が多い。
  • 人道主義
    • 食料が1.5倍になるため序盤に登場してくれると嬉しいが、必須ではない。
    • 二人目以降も人口を+1できるが、できれば他の偉人が欲しいですね。
  • 大芸術家/思想家
    • OCCでは二人目以降はいらない子
    • 定住させれば文化力が上がり偉人も誕生しやすくなるが、類は友を呼ぶのか大芸術家ばかり生まれることも・・・。
  • 大指揮官
    • なかなかめぐり合わないが、経験値を防戦でしか得られないOCCではいると嬉しい。
    • 二人目に巡り会う機会もほとんどない。

アーティファクトは率先して集めましょう。と言ってもガレー船を建造する暇はありません。蛮族の村からガレー船をゲット出来ればラッキーくらいに思っておけばいいです。AIは率先してアーティファクトを狙ってこないので探索はガレオン船を手に入れてからでも遅くはありません。場合によっては巡洋艦後でもいいくらいです。
あると嬉しいアーティファクト孔子学院。偉人二人は強力です。偶に、大芸術家/思想家が二人とかありますが・・・。OCCでは軍事ユニットを作る隙がないのでテンプル騎士団も悪くはありません。アトランティスはAIに発見されるギリギリまで温存しておくとビーカーの節約になりますが、低レベルの技術3つを開発しなくてはいけないので有効利用が難しいですね。内燃機関や火薬あたりを一番乗りできるタイミングで取得するのがいいかもしれません。

文明特性

  • 日本
    • 海から食料+1は驚異的なボーナス。OCC最強ではなかろうか。
  • アメリカ
    • 偉人を保有してスタートするので非常に有利。
    • ユニットの緊急生産費用が1/2であったり、工場の生産力が3倍と後半も有利なボーナスが多い。
  • エジプト
    • 砂漠があれば日本に匹敵する強さ。
    • 初期ボーナスで巨神像を獲得できれば更に良い。
  • ギリシャ
    • 民主主義スタートで、裁判所を建設する必要がないのは大きい。
    • 中世から偉人の出現頻度もアップするので裁判所分のハンマーを寺院などを建設し文化力をあげよう。
  • モンゴル
    • 蛮族の村が自国都市になるため、OCCでは蛮族の村からのボーナスを得られません。
    • しかし、後半の山からの生産力+2と無償の共産主義はそれを補って余るほどのボーナスです。
  • 中国
    • 人口が3から始まるので少し有利。
  • インド
    • 全ての資源を活用できるが資源がなければ意味がありません。
  • イギリス
    • 染料があると強い。
    • 封建制時に偉人が誕生すると嬉しい。
  • フランス
    • 聖堂があるので、有利不利は誕生する偉人次第。
  • ドイツ
    • 中世になると森の生産力が3となるので森の多い立地が有利。
    • 技術を取得すればユニットがアップグレードするのも魅力的です。
  • ズールー
    • 戦士の移動力+1は初期探索時に助かる。
    • 都市の成長が加速するのも利点。
  • モンテスマ
    • 戦闘後にユニットが回復ボーナスは探索時はもちろん都市防衛時にも有用。
    • 寺院から研究+3は地味に嬉しいですね。
  • ローマ
    • 文化遺産1/2で国王なら立地によっては遺産の独占も可能です。
    • 天帝でも生産力さえあれば工場建設後に有利にすすめることも可能でしょう。
  • ロシア
    • 視野が広いので良い土地を見つけやすい。
    • ライフル兵とスパイのコストが1/2になるのも少し有利か。
  • アラビア
    • OCCで最弱。
    • 図書館の機能しない原理主義スタートが足かせに。早々に法律を取得し共和制に移行し図書館を稼働させたい。
    • 有利なボーナスも無いのでアラビアでOCCクリアが出来れば、どの文明でもクリア可能だろう。

外交とAI

Civilization RevolutionのAIはガンジーですら好戦的。AIと親しくする利点が無いので外交はしません。首都を守りきれない場合に限り停戦欲求による恐喝を飲みます。AIとの技術交換はプレイヤー側に不公平な交渉が多いので技術交換はしませんし、金で売買もしません。技術を渡せば技術先行されるのが落ちです。
探索中にAIの領内を通りたい場合や、AIの開拓者がふらふらしている場合を除きこちらから戦争は仕掛けません。AIが宇宙船勝利や文化勝利を狙っている場合に戦争を仕掛けるとハンマーをユニット生産に回すことがあるので阻止できる場合もあります。AIが宇宙船勝利や文化勝利を狙っている場合はICBMで都市ごと消したほうが確実ではあります。
AIが経済勝利を狙っているなら、スパイを派遣し金を盗みましょう。お金もゲットできAIの金融勝利を阻むことができるので一石二鳥です。ただし、タイミングが遅いと世界銀行を建築され逃げ切られることも。

初期に文化力の高い、エジプト、イギリス、フランスは早期に偉人が誕生している可能性が高いのでスパイで偉人を誘拐するのもありです。当然偉人を有してスタートするアメリカも見逃してはなりません。首都が近ければ偉人をどんどん誘拐しましょう。
スペイン、イギリス、ギリシアがいると技術一番乗りボーナスを獲得できないのが痛いです。
気をつけるべき文明はモンゴル。初期に拡張されると手が付けられなくなるので蛮族の村を率先して潰しましょう。モンゴルに限りませんが、一本道にユニットを配置しAIの初期拡張を妨害するのも手です。
日本も技術先行されやすい文明です。ドイツや中国、ズールーは調子に乗ると経済あるいは文化勝利を狙ってきます。特にズールーは産業時代から金の生産力が50%なので経済勝利される可能性があります。ローマやフランスなど遺産を建造する文明が複数あると違いに潰し合い、文化勝利される可能性が減ります。