読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、オタクは恋愛において被差別階級なのですね

自称ディープなオタクが非オタクから告白されたので、オタクであることをカミングアウトしたら相手が完全に引いてしまい連絡なし状態になったそうな。
自ニュF: 教えて!goo:オタクなんですが、告白されました/カミングアウトしたら、動揺されましたはてなブックマーク - オタクなんですが、告白されましたでも言われてますが、オタクであることをカミングアウトすることが評価されている様は、オタクが何かしらの重大な病気みたいな扱いである。とにかく酷い偏見だなーと思います。ただ、この偏見は服装にあまり気を使わなかったり、他を省みず、兎に角オタク趣味に没頭してきたオタク自身のせいでもありますが。また、昨今のメディアにおいて、オタクを一般人より下に置き嘲笑う偏向報道にも一因があるでしょう。そして、一度ついた偏見は簡単にはぬぐい得ないので仕方ない。

ただ、この質問者もなんかおかしーけども。身だしなみや表向きの人間関係に気を使っているならいきなりオタクであることをカミングアウトしたりするかなー。まぁ、本人もオタクであることにコンプレックスを感じているようですなので仕方ないかもしれません。だから、オタクがばれない様にしているのでしょうし。
個人的には、相手を知るために付き合うのなら、こちらもいきなりカミングアウトせずに、徐々に小出しにしていくべきだったんじゃないでしょうか。長い付き合いがあったわけでもないに、付き合い始めていきなりお互いの事を全て話さなければならないって道理はないでしょ。僕だったら、相手の様子を見て、小出し小出しにして行きますが。例えば今回の場合、漫画好きなのは早めに言うけども、同人誌を書いてたりってのは相手が腐女子でも無い限り言わない。

結婚してもオタクを隠し通してる人もいるそうですが、結婚してもカツラであることを隠すくらいに並々ならぬ努力が必要でしょう。オタク嫌いな人と結婚するのも人生お先真っ暗なのでカミングアウトすべきという考えもありでしょうが、別に付き合う→結婚というわけでも無いので、それとこれとは別じゃないでしょうか。特に今回の場合はお互いがそれほど良く知った仲ってわけでもないですしね。そもそも、相手の全てを受け入れなければならないってことは無いわけで、いきなり自分の全てを知って欲しいってのは無理。やっぱり時間をかけないと。