読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冒険の始まり

前作をプレイしてますが引継ぎなしでプレイ。
メンバーの名前を色縛りに決めたのでギルド名はCOLORSに。また、前作が女からばっかりなので是正。といっても、隊長!若干女子より男子が少ないです!えぇいうるさい!ソードマン、パラディンメディック、ガンナー、レンジャーときちんと並べ!

  • ギルド名:COLORS
    • ソードマン♂:クリム
      • クリムゾンレッドより。斧使いの予定
    • パラディン♀:シルバ
      • 鎧の色が銀なので。パラ子です
    • メディック♀:オリーブ
      • 癒し系なので。ロリじゃない方
    • ガンナー♀:マリン
      • ガン子です。新職業なので未知数
    • レンジャー♂:ライト
      • ライトイエローより。さて、前作からどれくらい弱体化しているのか

進捗状況

現在のところ2Fまで到達でレベル5。クエストも少々こなしたが、まだまだ少ない。今回から一匹しか出てこないが、ちょっと攻撃力やHPの高い雑魚が登場したようだ。第一階層とはいえ、低レベルでは運が悪いと全滅も。
宿屋がぼったくりにならなければいいなと思ってます。

今後の指針

スキルに関してはとりあえずの方向性はあるものの、前半と後半とでは欲求されるスキルが違うのて、一度休憩を入れる予定。今回は休憩によるレベル低下が5なので、何度か休憩するかも?
今後適度にパーティーは変更予定。15F辺りでバードやドクトルマグス、ブシドーを育てる予定

皇帝ノ月1日

公国に入った、COLORS。ギルド登録を済ましたものの、迷宮を探索するには公国の臣民にならなければならないようだ。公宮に行くと話しの長いじいさんから迷宮の地図と試練を言渡される。眠気をこらえながら聞いた長い話しを聞いたところ、要は試練の内容は迷宮入り口の兵士に聞けという。早く迷宮に行きたいという逸る気持ちを抑えて装備をそろえるために交易所へ。なんと、店で待ち構えていたのはかわいい女の子であった。なんでも父親が武具を作っているらしい。器用な親父さんだ。しかし、ガン子マリンよ、お前はなぜガンナーなのに銃を持っていないんだ…。パラ子シルバも盾ぐらい装備しておきなさい。
装備、スキルが心もとないながら充実したところで迷宮へ。さっそく入り口近くの広間で手持ち無沙汰な兵士に声をかけると、聞いてもいないのに嬉々として試練の内容を話し始めた。試練とは、この兵士が我々を迷宮内のある所まで連れて行くから、帰り道を地図に記しながら入り口まで戻ってこいという冒険初心者には酷な内容であった。迷宮を探索するには、試練を受けざる得ないので早速兵士について迷宮内のある場所へ。兵士は迷宮を己の庭の如くズンズンと進んでいくが、我々には全くの未知の領域である。地図を描きながらと目論んだがそんな暇も無く目的地についてしまった。この試練下手したら死ぬのではなかろうかと考えていると、その不安が顔に出たのか兵士から、初歩的な試練で死んでしまう冒険者もいますが、まぁこればっかりは運が悪かったと思ってくださいと満面の笑みで言われる。なんというドSだこいつ…。
兵士はあっという間に見えなくなってしまった。さっそく地図を開きながら迷宮を進む。モンスターは手ごわいものの、なんとか我々の力量でも倒せるようだ。宝箱を回収しつつ、進むと分かれ道へ。前方には扉が見える。冒険者たるもの、未知への探究心を捨ててはいけない。好奇心から扉を開けると、そこには美しい花畑が広がっていた。しかし、綺麗な花には毒があるもの。ただならぬ気配を感じ立ち去ろうとするもときすでに遅し。花の蜜に惹かれてやってきたであろう毒アゲハに襲われる!
見た目は青く綺麗な毒アゲハであるが、名前のとおり毒がある。しかも、毒を喰らうと他力の半分以上持っていかれる。にも拘らず我々には毒を回復するすべはない。毒の燐粉にさえ触れなければ良いのだが、そうなると攻撃はままならい。また、この狭い部屋では避けるのもままならない。レンジャーのライトが後方から支援しつつ、パラ子シルバとソードマンのクリムが前衛で毒アゲハの攻撃を抑える。しかし、防ぎきれずメディ子オリーブが毒に犯される。メディ子が自身の回復に専念し、前衛が瓦解し始める間際に間一髪の所でガン子マリンのフレイムショットで救われた。マリン、お前はやればできる子だな。
毒アゲハというハプニングを乗り越え、なんとか入り口に戻り着く。すると、そこには先ほどの兵士が。地図を見せた所、どうやらきちんと描けていたらしく合格であるらしい。早速公宮に戻ると、晴れてハイランド公国の臣民となることができた。しかし、今日は疲れた。宿屋で一休みすることにしよう…。