スカイウォーカーの夜は明けたの?

スターウォーズ Ep. 9 こと「スカイウォーカーの夜明け」をを見てきました。感想を一言で述べるなら「新シリーズを作る必要あった?」ですね。私は、全然楽しめませんでした。前半は眠気と戦っていました。
Ep. 4 や Ep. 5 のオマージュとして、レイとフィンとポー、時々チューバッカのドタバタ冒険劇をやりたかったのでしょうが、必然性の感じられないエピソードが多く長すぎる。ドタバタ劇としては、Ep.8 の方ができがよかったです。
それにしても、Ep. 8 で示された方向性とはなんだったのか。

以下はネタバレあり愚痴

レイによってネタバレ全開で感想を書きます。
スターウォーズのEp. 1 から Ep. 6 は二人のスカイウォーカーの話でした。Ep. 8 ではスターウォーズを今後続けて行く上で、そのスカイウォーカー=血筋からの脱却を示したのだと受け取っていました。無いものでもない人物が主役になれるのが、Ep. 8 で示されたものだと感じていました。Ep. 9 もスカイウォーカーを血筋ではなく、ジェダイのような概念に仕立てる意味で「スカイウォーカーの夜明け」と名付けたのでしょう。実際、最後のシーンはそれを示唆しています。ただ、レイはパルパティーンの孫でした。つまりは、スターウォーズ全シリーズは影の主役であるパルパティーンの話になっていまいました。もちろん、スターウォーズジェダイとシスの物語なので、シスが影の主役なのは当然です。ただパルパティーンが復活するなら、 Ep. 8 あたりで仄めかしておけよと。

lastline.hatenablog.com

旧作のキャラクターを雑に扱っている割に、そのエピソード自体が必須ではなく眠気を誘いました。チューバッカを死んだと思わせて、実は生きてました。C-3POのメモリーが飛びましたがバックアップで復活しました、喪失からの復活を天丼にしてどうする。もちろん、C-3POはバックアップがある点が先に述べられているのですが、それならシスの言語を翻訳するとメモリーが消去される共和国のシステムはガバガバ過ぎませんかね。

レイとベンのキスシーンで頭に大きなクエスチョンマークが浮かびました。一体、どこにヘタレのベンに惹かれる要素が?もちろん、Ep. 7 の頃からずっと二人は精神的に繋がれていましたが、それはレイにとっては宿敵であり、カイロ・レン(ベン)にとっては暗黒面への誘いであって、互いを尊重し合う関係ではありませんでした。もちろん、最終戦ではレイがベンにライトセイバーを託すまでの信頼していますが、それは共にジェダイとして戦う仲間であって男女の仲ではないと思っていました。男女の関係を匂わせる程度で、キスまで行かずに互いに抱き合うだけくらいで十分だと思うんですけど。

今思えば、Ep. 7 をハリウッドのチャイニーズシアターで英語版を見たときが一番興奮しましたね。

f:id:lastline:20200115091328j:plain