読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいiPadのボジョレー・ヌヴォー感

新しいiPadなる響きは、ボジョレー・ヌヴォーの評価に似ているなと。後、解禁日は祭りになるのも似てますね。
そこで、近年のボジョレー・ヌヴォーの評価をiPadの合わせてみた。

ボジョレー・ヌヴォーの各年度における評価は ボジョレー - Wikipedia を参考にしてみた。

  • 1995年「ここ数年で一番革新的なiPad
  • 1996年「10年に1度の逸品なiPad
  • 1997年「1976年以来のスペックのiPad
  • 1998年「10年に1度の当たり年なiPad
  • 1999年「スペックは昨年より良いiPad
  • 2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がりのiPad
  • 2001年「ここ10年で最高のiPad
  • 2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えのiPad」 「1995年以来の出来のiPad
  • 2003年「100年に1度の革新的なiPad」 「近年にない良い出来のiPad
  • 2004年「香りが強く中々の出来栄えのiPad
  • 2005年「ここ数年で最高なiPad
  • 2006年「昨年同様良い出来栄えなiPad
  • 2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わいのiPad
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味のiPad
  • 2009年「50年に1度の出来のiPad
  • 2010年 「1950年以降最高に革新的といわれた2009年と同等なiPad
  • 2011年「近年の当たり年である2009年に匹敵するiPad