読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大真面目に「インターネットの取扱説明書」を作るべきかもしれない

この件もですが「ネタをネタと〜〜」という事例ではなく、「嘘を嘘と見抜かなければ」の事例。ネタと解する必要はない。

ツイッタ有料化の嘘ニュースはアンサイクロペディアから2ちゃんねるへ、そしてまとめサイトに飛ぶというソースロンダリングがなされているものの、リンクをたどれば「嘘」であると分かります。Togetterまとめにも言及されていますが、携帯電話からだからってのは言い訳にはなりません。真偽のわからない情報は保留して、PCなどからじっくり調べられるときに調べればいいのです。拡散するにしても「ツイッターが有料化?」とつぶやくのではなく、【緊急速報】Twitter有料化のお知らせ - 情弱Twitter速報 のリンクをはればすぐに嘘だと分かります。梶川ゆきこ(前広島県議会議員)さんはアンサイクロペディアの嘘ニュースを信じていたようですが、きちんと読めば嘘だとリンクを掲載しているので謝罪することの程でもないとのではとも思う。この辺、騙されたり、釣られたりした場合に「釣られちゃった☆」位の余裕は欲しいところ。余裕が無いからこそ騙されちゃうんですが。

私は以前から情報リテラシーに関して、Togetter - 「DHMOや虚構新聞に関して。どうやったら皆URL先を読み、知らない単語を調べるようになるのか」 を考えています。以前は痛い目を見ればいい、つまり一回騙されればいいのではないかと考えていましたが、Togetter - 「アンサイクロペディアを「悪質なデマサイト」扱いした人」 などの反応を見る限り効果のない人もいるようです。ならば、アンサイクロペディアつながりで、鉛筆の取り扱い説明書 - アンサイクロペディア を読めばいいのではないかなと。ネタではありますが、真面目に読んでも得ることがありますし、この文章を最後まで読めれば見出しだけ読んで判断するってことも減るのではないか。あるいはもっと真面目に、鉛筆の取り扱い説明書 - アンサイクロペディア を改変して「インターネットの取扱説明書」を作ったほうが良いかも知れぬ。