読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段の生活の上で「これっておかしいよね」という主張をどこに届けていいか分からないことがある

最寄りの数字付きのコンビニのバイトの女の子が紫のマニュキュアをしていた。なかなかドギツイ紫で、その紫の爪でお菓子や飲み物を袋に詰められるのはなかなかゾッとするのです。さて、このクレームを彼女に伝えるか否か考えた時に、はてどうしたものかと考えこんでしまった。別に私は怒っているわけではない。彼女の紫色のマニキュアに、ちょっと気分を害したものの、接客態度には全く不満はなかった。今風に言うと「普通に良い接客」だ。私自身の心情を伝えつつ、「紫のマニュキュアで接客するのは、ちょっと良くないのではないですか」とやんわり言いたいのだけど、どう切り出したものか。また、クレームを伝えるにも、彼女は既に他のお客さんや、あるいは店主から注意されているかもしれない。同じことを何度も言われるのも「やれやれだぜ」って感じだろう。アルバイトであるから、雇用主である店主などの責任者に伝えのが良い気もするが、コンビニに常にいるわけではない。などとくどくど考えていると、注意するきっかけを見失ってしまった。結局、別の日に同じ彼女がまたバイトしていたときには、紫のマニュキュアではなかったので、誰かに注意されたのかもしれない。

あるいは、レストランなどのお店でのお話。いわゆるチェーンのファミリーレストランに過剰のサービスを要求するのもアレですが、世間一般的に「普通」な接客はあると思うのですよ。某桃のマークのレストランに友達と行って、注文をしたわけですよ。するとまぁ、店員さんが戻ってきてあるメインの料理ができませんというのですね。まぁ仕方がないですよ。食材が切れたとか色々ありますからね。ただまぁその店員さんがその後棒立ちなのですよ。いやいや、メニュー持ってきてくださいよと。代わりのもの注文しますからと。で、これに対する僕の要求はどこに伝えればいいのだろうかと。

あるいは、腹ペコで某びっくりするハンバーグ屋に友達と行ったんですよ。こちらとしてはおなかがすいているので何でもいいから早く食べたいわけで、とりあえず注文したら、店員さんが間違ったオーダーを持ってきちゃった。私としては、もうそれでよかったのですが、ただまぁ値段がお高いわけ。予算オーバーなのですよ。しかも、友達がいるから待たせるのも悪いなと。そこで、最初に注文した料理の価格のままでなら、今間違えて持ってきた料理でもいいですと伝えたんですが、店員は「すぐに作り直します」と言って料理を下げちゃったのですよ。どうせ捨てるのに勿体無いなぁと。で、私は腹ペコのまま待たされるわけで。なんだか上手く伝わらないですよねと。

お店ではなく職場なんですけど、コピー機使っててトナーが無くなったんですよ。トナーくらい自分で交換できますから、探したんですけど無いわけ。そこでコピー機の近くのデスクの人に聞いたら、管轄が違うので良く解らんと。途方に暮れましたよ。すると次の日コピー機のトナーを変えてる人がいたのですよ。そこで、どこの管轄なんですかと聞いたら、○○課ですと。ようやくコピー機の管轄が分かったわけですが、コピー機の回りにそんな情報は全く書かれてないんです。ただまぁ、一介の職員にどこが管理しているか分かるようにして下さいと言ったところで要求が上に伝わるかどうかさっぱり分からないのですよ。いわゆるコピー機以外に関しても、改善してほしいなと思うことがあっても、どこに言えばいいのかさっぱり分からんのです。何子の職場怖いですよ、まったく。

まぁ、その他色々おかしいですよねと思うことはあるわけですよ。役所での応対とかですね。お店に対して「対応がおかしいですよね」と主張するわけ。私個人としては、別にお金を返して欲しいわけではないのです。お店が好きでよく利用するから、きちんと対応して欲しいのです。また、お店の質でサービスが変わるのは当たり前ですよ。ファミレスで高級ホテルのレストラン並のサービスを要求するとかダメですよ。でも、先のマネキュアのように、きっと他のお客さんも「なんだかな〜」と思ってて、店のランクによるサービス以前の問題とかあるんですよ。その点は次から改めて欲しいので、まぁクレームを言うのですが、責任者はただただ平謝りですよ。ひたすらに「申し訳ございません」と謝られるわけですよ。なんというか、謝ればクレームを言うお客の気持ちは改善し、お店を過ぎ去ってくれるだろうって感じがするのですよ。つまり、その場さえ丸く収まればそれでいいみたいな。具体的な改善方法とか全く言わないのですよ。別に謝ってほしいわけじゃないのですよ。ただ改善してほしいだけなのですよ。でもそれがなんか上手く伝わらない。どうすればいいんでしょうねと。

クレームは苦情?

客商売に関しては、クレーム=苦情と一律管理され処理されていることに問題があるのだろう。故に、苦情に関してはお客様の気分を害したので謝罪をすればという、という対応になっしまうのだろう。スーパーマーケットや生協などに置かれている、ご意見ボックスとそれに対する対応の掲示などが、私のような要求を満たしてくれる一つの方法ではあるのでしょう。
また、悪質な要求を繰り返す消費者も問題な気がする。上の例で言うならば、ファミレスなのに高級ホテル並みの優遇を求める客とか。こちらに関しては、店側も毅然とした態度で接した欲しいところではあります。不当な要求を繰り返す客は、他の客からしたら迷惑な存在なわけで。まぁ、どのように扱うかは難しいところではありますが。