読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅のADSLを解約しWiMAXを導入してみた

自宅にWiMAXを導入してケーブルから解き放たれてみる試み の続報です。

Try WiMAXで電波状況を確認

VAIO Xを購入し、持ち歩いた結果、モバイル生活を楽しみたくなった。選択肢としては、docomoauソフトバンクなど携帯電話キャリアの用意するWi-Fiルータを利用するか、イー・モバイル、あるいはWiMAXと契約するか。携帯電話キャリアはエリアは広いが月額費用的に却下。ウィルコムユーザーではありますが、ウィルコムどこでもWi-Fiは眼中にありません。イー・モバイルWiMAXよりエリアは広いが安く利用するには契約が二年縛りなのがネックだし、通信速度は劣る。WiMAXは比較的安いが、やはり維持はちょっときついと諦めていたら、自宅の環境をWiMAXにしてしまえば良いとの天啓が。なるほど、これならモバイルルータを使えば外出先でiPhoneでもりようできるではないかと。光回線に加入し、光ポータブル を利用するのもありでしたが基本的に3G回線なのと月額が6300円以上かかるので却下。


[rakuten:iimono-aoyama:10001377:detail]


早速、自宅にWiMAXを導入してケーブルから解き放たれてみる試み として Try WiMAXレンタル でUSBタイプの UD03SS を借りて電波状況を確認した。自宅で電波状況を試した結果、契約しているウィルコムADSL(50M)が平均して6Mbps程度で、WiMAXも同じくらいの速度が出たので導入決定。また、出歩くであろう近くのカフェ等でも試してみたが良い接続状況であったのも後押しとなった。

TXで試した結果

一番乗るというか、これに乗らなければ都心に出られないので。高速バスという手もありますが、渋滞にハマると到着時間が全く読めないのと、僕が車酔いするので高速バス内でPCを使わないので計測する必要がないですね。

TXで測定した結果、エリア圏外の守谷周辺以外の地上部ならば利用可能です。現在のところTX内はフレッツスポットを利用するのがベストな選択でしょう。ちょくちょく圏外になりましたが、再接続もスムーズで特にイライラすることはありませんでした。iPhoneなら地下部分でもつながるので、軽いブラウジングならiPhoneを使うのが良いかも。ただそうすると、通信をすべてWiMAXで賄うのは厳しいですね。
個人的事情ですが、TX車内でWiMAXしながらノートPCを使った結果、酔いそいになってたのでそこまでして使う必要ないかも・・・。

つくば駅 × 地下は無理ですね
つくば〜みどりの 速度は1Mbps未満
みどりの〜守谷 みらいだいら前で途切れ、みらいだいら通過後は少しつながる
守谷駅 × 地図見てもエリア圏外ですしね
守谷〜南流山 川をわたって千葉に入るとつながる。4Mbps以上出てる時も
南流山駅 × 地下駅なのでつながちません
南流山〜八潮 川をわたって埼玉に入るとつながる。2Mbps以上出ることも
八潮〜北千住 × 地下に入るので圏外
北千住駅 最後の地上駅。余裕の7Mbpsオーバー
北千住〜南千住 地下に入るまで
南千住駅秋葉原駅 × ここからずっと地下ですね

モバイルルータAterm 3500Rを購入

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R シルキーホワイト PA-WM3500R(AT)W

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R シルキーホワイト PA-WM3500R(AT)W


Try WiMAXの結果、WiMAX導入決定ですが、使用環境として

  1. 自宅のADSLWiMAXに置き換える
  2. ノートPC以外の無線LAN機器でも利用したい

ので、8時間も電池が持つ モバイルルータ AtermWM3500R と専用のクレードルを購入することにした。

ADSLと比べると、月額費用はWiMAXのほうが若干高いが、+200円程度で外出先でもインターネットができるなら高い出費とは思わない。BIGLOBEのキャンペーンを適用すればルータもクレードルも無料で手に入るのだが、なんとなくしがらみが面倒くさそうだったのでUQ WiMAXで申し込んだ。感情的な問題で特に理性的な理由はない。そのためクレードルも含め初期投資として8000円弱かかったが、お安く済ませたいならBIGLOBEを利用するのが賢いと思う。ルータの色の白以外の赤と黒を選択できるし。


1月10日に申し込みをしたら、1月12日の夜に配送メールが届き、13日の午前には受け取ることができました。かなり早いですね。

モバイルルータの設定

初回使用時は同封された説明書きに従い、アクティベーションする必要があります。その後、USB経由か無線LAN経由でPCに接続します。無線LAN接続の場合は、SSIDの暗号キーは本体裏面に記入されています。接続後は、ルータの設定画面をブラウザで開き、管理者パスワードを設定すれば、ルータの設定を変更できるようになります。この際に暗号キーも変えてしまいましょう。
インターネットを利用するには契約手続きが必要ですがUQ WiMAXを利用した場合は申し込みメールに記載された受付番号を入力すれば後は5分程度で完了します。無線LANで問題なく接続できましたが、気になる人はUSBあるいはクレードルを用いて有線でも設定・契約が可能です。
インターネットの接続が完了した後は、ファームウェアのアップデートを忘れずに。ルータ本体のみでもアップデート可能ですが、PCなどからルータの設定画面に開き、アップデートしたほうがファームウェアのバージョンも確認できるので確実です。

自宅での使用感

NEC Aterm WM3500R用クレードル PA-WM02C

NEC Aterm WM3500R用クレードル PA-WM02C


自宅ではルータをクレードルに挿し、デスクトップPCに有線LANで接続し使用。この状態なら充電しながら無線LANルータとしても使えるので便利。帰宅後にルータの電源を入れてクレードルに挿入しています。WiMAXの接続までに1分弱かかりますが、PCの起動時間とそこまで変わらないのでストレスはありません。クレードルは見えやすいようにデスクトップPCの上に置いてます。これなら、外出前に持っていくことを忘れないし、帰宅後もすぐに挿せます。
回線速度を確かめた所、Try WiMAXで測定したときと同様に、現在利用中のADSLと変わらない平均6Mbps程度出ていた。

外出先での使用感

外出先だと電源を入れて使用できるまで1分弱かかるのは、ややもたつきを感じます。ただし、事前に電源を入れておけば圏内でさえあれば接続はよりスムーズです。ちょっとの待ち時間に利用するのは厳しいかもしれません。ただまぁ、私はノートPCでの接続が前提で、最低でも10分程度利用できる場合にしかルータを使用しないのでこの程度の接続時間ならば気にはなりません。
電源に接続されていないと、初期設定では1分程度で電源や電波状況を示すランプが消えてしまいます。電波状況を確認したい場合は、電源ボタン横のSETボタンをかるく押せばランプが再度点灯します。
また、WiMAX圏外であっても、ノートPCとiPhoneを同一ネットワーク内に保持されているのも便利ですね。

電池の持ちは確認してませんが、WM3500R(赤)買いました。 で紹介されている耐久実験などを見る限り本当に8時間もちそう。そもそも、実際に充電なし環境で8時間インターネットを利用し続けたら、ノートPCやiPhoneの電池の持ちのほうが持たないでしょう。
私の場合、普段は自宅でクレードルに挿入したまま使用することが多いので、ECO設定でロングライフ充電をオンにし電池容量が70%程度で充電を停止するモードにしてます。それでもおそらく5〜6時間は持つし、外出時間が長いのが分かっていればロングライフ充電をオフにすればよいでしょう。


TXで試した結果、USBタイプのUD03SSではつくば〜守谷の地上部分では接続できたのに、モバイルルータであるWM3500Rでは接続がブツ切れでインターネットを利用できませんでした。ただし、これは機器の問題なのか、電車の速度の問題なのかは不明。WiMAXは移動が速過ぎると通信状況が不安定になるそうなので、つくば〜守谷間の各駅に停まる普通や、区間快速では接続できるが快速では接続が困難な可能性もあります。

  • WM3500Rでの2011年1月15日の記録 快速
つくば駅 × 地下
つくば〜守谷 × 区間快速ではつながったが、快速では電車の速度が速過ぎる?
守谷駅 × 元々圏外
守谷〜南流山 川をわたって千葉に入ると繋がった。電車の速度はやや遅め
南流山駅 × 地下ですから
南流山〜八潮 川をわたって埼玉に入るとつながる
八潮〜北千住 × 地下に入るので圏外
北千住駅 余裕でつながります。流石東京

ケーブルから解き放たれて大変満足です

当初はVAIO Xが快適すぎて、WiMAXを内蔵しなかったことに後悔しましたが、現在は モバイルルータ AtermWM3500R を利用すれば外出先でもiPhone無線LAN接続できるので結果オーライ。モバイルルータなら外出先でも、App Sotreで10MB以上のアプリをダウンロードできるし、iTunesの利用もできる。さらに、ニコニコ動画などの動画も比較的快適に見られる。ウィルコムADSLで利用していたメールアドレスと紐付けていたアカウントをgmailに再設定するなど面倒なことはありましたが、非常に満足な結果となりました。
契約として1年縛りを利用しましたが、これはWiMAXの利用料なので、もし新しくより便利なルータなどが発売されれば、そちらへの移行も端末料さえ払えば良いのは利点ですね。