読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厨房の多い料理店

二人の若い変態紳士が、すっかりベテランハンターのかたちをして、ピカピカのランスをかついで、白熊のようなネコをを二疋つれて、だいぶ山奥の、白雪のギュッギュッとしたところ、こんなことを云いながら、あるいておりました。
「ぜんたい、ここらの狩場は怪しからんね。鳥竜も獣牙も一疋も居やがらん。モスでも構わないから、早くザクザックと、やって見たいもんだなあ。」
イャンクックの黄いろな嘴なんぞに、二三発コンボをお見舞いもうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。くるくるまわして、それから上手に焼けるだろうねえ。」
それはだいぶの山奥でした。案内してきた奇面族の子供も、ちょっとまごついて、どこかへ行ってしまったくらいの山奥でした。
それに、あまりにハンターが酷いので、その白熊のような猫が、二疋いっしょに怒って、しばらく棒を振り回して、それから消えてしまいました。
「じつにぼくは、二千四百ゼニーの損害だ」と一人のハンターが、落とし穴を掘りながら言いました。
「ぼくは二千八百ゼニーの損害だ。」と、もひとりが、くやしいのうくやしいのう
はじめのハンターは、すこし(´・ω・`)しょぼんして、じっと、もうひとりのハンターの、ほうほうそれで(AA略)しながら云いました。
「ぼくはもう戻ろうとおもう。」
「さあ、ぼくもちょうどアイテムも切れたしお腹は空いてきたしログアウトしようとおもう。」
「そいじゃ、これで切り上げよう。なあに戻りに、行商のおばちゃんから、怪力の種を百四十ゼニーも買って買えればいい。」
「モンスターのフンも高確率でおちていたねえ。そうすれば結局おんなじこった。では帰ろうじゃないか」
ところがどうも困ったことは、地図が表示されず、どっちへ行けば戻れるのか、いっこうに見当が付かなくなっていました。
風がスキューンと吹いてきて、草はざわ・・・ざわ・・・、木の葉はメメタァ、木は┣¨┣¨┣¨┣¨と鳴りました。
「オラ はらへっちまったよ!さっきから力(リキ)が入らねぇんだ。」
「もう歩きたくない、絶対に歩きたくないでござる! 」
「喰べたいもんだなあ」
二人の変態という名の紳士は、ざわわざわわ広いサトウキビの中で、こんなことをトゥギャりました。
その時ふとグーグルアドセンスを見ますと、立派な一軒の西洋被れのサイトがありました。
そしてトップペエジにはには

RESTAURANT
西洋料理店
BLACKCAT HOUSE
黒猫軒

というBioがでていました。
「やーすば、やーすば。ここはこれでなかなか開けてるんだ。やらないか」
「あれれー?、こんなとこにおかしいねー?。でも何か、食べられるんじゃないかなー。ねーおじさん」
「もちろんさ!。看板にそう書いてあるじゃないかランランルー
「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ、独り静かで豊かで・・・」
二人は玄関に立ちました。玄関は白い瀬戸の花嫁で組んで、実に立派なもんです。
そして<ENTER>があって、そこにフォントいじりでこう書いてありました。

「当軒は誰でもウエルカム。どうぞお気になさらず、ご自由にお召し上がりください」

二人はそこで、ひどくよろこんで食べログしました。
「こいつをみてくれ、どう思う?やっぱり世の中はうまくできてるねえ、きょう一日なんぎギギギギしたけれど、こんどはこんないいこともある。このうちは料理店だけれどもロハでご馳走するんだぜ。」みつお
「すごく・・・おいしいです^q^」
二人はマウスを押して、なかへログインしました。そこはすぐロビーになっていました。そのガラス風の壁紙には、赤ふぁぼでこうなっていました。

「ことにピザやゆとりはのお方は、大勝利いたします」

二人は大勝利というので、もう大よろこび組です。
「君、ぼくらは大勝利にあたっているのだ。」
「ぼくらは両方兼ねてるから」
ずんずん廊下を進んでいきますと、こんどは赤色のペンキ塗りの扉アイコンがありました。
「せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ」
「上から来るぞ気をつけろ!
そして二人はそのペエジををあけようとしますと、とばせないオウプニングムウビイにこう書いてありました。

「当軒は厨房の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」

「なかなかはやってるんだ。こんな山の中で」
「それあそうだ。見たまえ、東京の大きな料理屋だって大通りにはすくないだろう」
二人は云いながら、リンクをクリックしました。するとそのポップアップに、

「厨房はずいぶん多いでしょうがどうか一々こらえて下さい。」

「これはぜんたいどういうんだ。」ひとりのゆとりは顔をしかめました。
「うん、これはきっと厨房があまり多くて支度が手間取るけれどもごめん下さいと斯ういうことだ。」
「そうだろう。早くどこかサーバーの中にはいりたいもんだな。」
「そしてテーブルに座りたいもんだな。」
ところがどうもうるさいことは、またフラツシュムウビイが一つありました。
ムウビイをスキップすると赤い字で、

「当軒は禁煙です。喫煙者の入店は固くお断りしております」

「これはどうも尤もだ。煙草の煙があったんじゃ料理が楽しめないからね。」
「きっとよほどの美食家たちが、たびたび来るんだ。」
そしたら、どうです。このあらいを作ったのは誰だあ、と着物の男が怒鳴りこみ、風と共に去って行きました。
二人はびっくりして、互によりそって、ペエジを開けて、次のコンテンツへ入って行きました。早く何か究極のものをたべて、元気をつけて置かないと。また途方もないことになってしまうと、二人とも思ったのでした。
ペエジをスクロールすると、また変なことが書いてありました。

「当軒は無断リンク禁止です」

「これはどうなんだろうか。ぼくらは、グーグルから来たわけだけど」
「いや、はやっているからこんなことを言うのだろう。取材拒否のお店とかあるじゃあないか」
「いや、よほど偉いひとが始終来ているんだ。それがわからんのです」
また黒バック白文字のペエジがありました。

「当軒の素材はP2P等からの割れ物です。どうかお客様がお持ちのコンテンツも、みんなここに置いてください。」

「ははあ、コンテンツをフリーライドして提供してくれているのだね」
「そうだろう。して見ると勘定は払わなくていいのだろうか。」
「どうもそうらしい。」
「そうだ。きっと」
二人はスキャナで読み込んだ後の解体した書籍をアップロードししました。
アップロード完了を知らせるウインドウには

「非処女のような中古はお帰りください。童貞すら守れない男に何が守れるというのか。」

「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわ!」
「たしかによっぽどえろいひとなんだ。奥に来ているのは」
すこし行きますとまた扉があって、その前に壺が一つありました。ロビーには斯う書いてありました。

「壺の中ではローカルルールに従ってください。ソースも明示しましょう」

みるとたしかに壺のなかのものはたくさんの板でした。
「ソースを出せというのはどういうんだ」
「これはね、ネットにはいろいろなカキコミがあるだろう。なかにはデマにおどらされることもかるから、その予防なんだ。どうも奥には、よほどリテラシイのたかいひとがきている。こんなとところで、案外僕らはネット貴族*1と近づきになるかも知れないよ」
「たらこくちびるが言うならしかたがないな」
二人は壺の板から面白そうなスレを見つけては、めいめいのグログに転載していきました。それでもまだ残っていましたから、それは二人はめいめいこっそりとアフィリエイトを貼りつけながら(゜Д゜)ウマーしました。
それから大急ぎで板をあけますと、その裏側には、

嫌儲板の中身を転載して儲けていませんか?」

と、ローカルルールがここにも書いてありました。
「そうそう、ぼくはみさかいなく転載していたよ。あぶなく炎上させられるとこだった。このたらこくちびるはじつに用意周到だね。」
「ああ、細かいとこまでよく気がつくよ。ところでぼくは早く何か喰べたいんだが、どうも斯うどこまでも無限ループじゃ仕方ないね。」
するとすぐその前に次のリンクがありました。

「料理はもうすぐできます。
相互フォローを推進してます!
皆様のフォローが必要です。」

そして、そこにはまっしろなフォローミーボタンがありました。
二人はそのボタンを押しました。
ところがそのアカウントは、どうもきな臭いのでした。
「どうもおかしいぜ」
「ぼくもおかしいとおもう。」
「沢山の厨房というのは、キッチンという意味ではないんじゃないか」
「ヤバイ、厨房、ヤバイ。まじでやばいよ、マジヤバイ。厨房の多い料理店、ヤバイ。まずアブい。もう、危ないなんてもんじゃない。超アブい。アブいとかいっても『夏だから仕方がない』とか、もう、そういうレベルじゃない。なにしろマジキチ。むしろ俺らが料理される。スゲエ!なんか晒し上げられ炎上してるし。鬼女とか超越してる。」ギシギシアンアン、ふるえだしてもうものが言えまえんでした。
「その、ぼ、ぼくらが、……うわあ・・・べんぞうさんの中・・すごくあったかいナリ・・・:」ビクンビクンかんじちゃう、もうものが言えまえんでした。
「遁げ……。」がたがたしながら一人の変態紳士はアンフォローを押そうとしましたが、どうです、アカウントはもう一人もブロックできませんでした。
奥の方にはまだ一枚デイスプレイがあって、大きなウインドウが一つつき、銀いろのコメント欄と再生ボタンの形が切りだしてあって、
「おいしい料理で みんな
ハピハピハッピー!
みんなも作って ア・ラ・モード♪ 」
と表示されました。おまけにきょろきょろ二つのハスコラがこっちをのぞいています。
「うわあああああ(AA略)」がたがたがたがた。
「うわあああああ(AA略)」がたがたがたがた。
ふたりはプリキュアでした。
すると、こんなコメントが流れてきました。
「何で、そこでアイテム使わないんだ・・・。俺の方が上手いわ」
「ここはカットしたほうがいい。志村ーうしろ!うしろ!」
「だまれよ、指示厨供。うp主の好きにやらせろよ」
「TASさんまじすげー!」
「TASは人ではありません」
「TASネタにマジレスとか・・・夏だな・・・」
「荒らしに反応する人も荒らしです!」
オマエモナー」
「赤文字NGですっきり」
「0コメすんな」
自治厨マジウザイワー」
二人はあんまり心を痛いニュースしたため、唇がまるでぼてぼてのたらこのようになり、お互にその顔を見合せ、gkbr、声もなく泣きました。
中ではふっふっとわらってまたゆっくりが叫んでいます。
「がんばれがんばれできるできる絶対できるがんばれもっとやれるって!!ダメだよ!もっと自分の意見を言わなきゃ!」
二人は泣いて泣いて泣いて泣いて泣きました。
「はい今死んだ!今君の気持ち死んだよ!」
そのときうしろからいきなり、
「トレニャー、トレニャー、ぐゎあ。」という声がして、あの白熊のような猫が二疋、セキュリティをハックして中に飛び込んできました。
デスプレイのコメはたちまりなくなり、タチコマどもはふわふわと空間をくるくる廻っていましたが、笛が一斉に
「Foo」と高く鳴り、動画は吸い込まれるように削除されていきました。
まっくらやみのなかで
「くっ、この俺の邪眼がきかないだと・・・!まさか、この俺が貴様らごときに敗れるとはな。フハハハ、たとえこの身が滅びようとも、中二病は不治の病よ!いずれ、高二、大二病も発病しよう。このネットがある限り、あらたなる厨房が台頭してくるだろう。せいぜい束の間の平和を楽しむのだな」
見ると、ゴゴゴゴゴと料理店は崩れ去っていました。
猫がふうとうなって戻ってきました。
そしてうしろからは、
「旦那あ、旦那あ、」と叫ぶものがあります。
二人はにわか乙に元気がついて
「おおい、おおい、ここだぞ、早く来い。」と叫びました。
簔帽子をかぶったGMのハンターが、雪をしゃくしゃく分けてやってきました。
そこで二人はやっと安心しました。
そして、GMにもらったこんがり肉を食べて、途中で十五ゼニーだけ栄養剤を買ってTOKYOに帰りました。
しかし、さっき一たらこのようになった二人の唇だけは、東京に帰っても、ひやしてみても、もうもとのとおりになおりませんでした。

*1:次のうちどちらかを選ぶ3ドロー+2アクション