読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活の流れ

婚活に正解はありません!人それぞれにパートナーを見つけましょう。しかし、どうやって結婚すればいいの?そもそも異性に出会うには?と迷ってしまいますね。このエントリでは一般的な婚活の流れを紹介していきます。

婚活準備期間

婚活を始める前に様々な経験をし、自分を磨く。サークル活動、アルバイトにボランティア、海外短期留学に海外旅行など、経験を得るとともに様々な人脈を構築しておくと言うことありません。
インターンシシップへ

婚活事前期間

  1. 自己分析
    • 自分のアピールポイントは何かを考えます。婚活は自分を売り込む場です。自分の長所や欠点を理解しましょう。そしてアピールの仕方を考えることも忘れないように。
  2. 結婚研究
    • 「結婚」とは何か。パートナーに望むもの、どんな結婚生活を送りたいかを具体的に考えてみましょう。
  3. 異性研究
    • 自分の望む結婚生活を送るにはどのようなパートナーが良いのか。しっかりと考えておかないと結婚後のミスマッチになることも。また異性研究をしておけば、面接での自己ピーアルにも活用することができます。

OB・OG訪問をすることで、結婚への理解を深めましょう!資料だけでは分からない生の情報を聞くことができるかもしれません。

結婚活動開始

婚活サイトへ入会する前にエントリー・資料請求を行いましょう。企業によってはこの段階で適正検査を行い理想のパートナーを診断してくれる場合もあります。
企業によっては説明会を行っている場合もあります。資料だけでは分からない情報を知ることができるので、積極的に説明会へ参加してみましょう。また、合同説明会を開催している企業もあります。
婚活サイトに登録したら、履歴書・エントリーシートを提出します。準備期間に行っていた自己分析、結婚・異性研究を元に自己PRや、相手に望むことを記入します。エントリーシート用の写真は気合を入れて!あなたの第一心象を決める大事なポイントです。

面接

エントリーシートを提出したら一次面接へと進みます。一般的に一次は集団やグループ面接であることが多いです。自身にあったパートナーを見つけるとともに、自己PRを忘れないようにしましょう。距離感も近すぎず遠すぎず。あまりがっつき過ぎると相手は引いてしまいますし、かと言ってあまりにシャイだと相手の印象に残りません。初対面の異性とは「旅行」の話が無難でありながら盛り上がる話題らしいですよ。
理想の相手に巡り合えたら個別面接である二次面接へと進みます。ただし二次面接に望んで、お断りされる場合もあります。推薦などがあれば集団面接することなく直接二次からスタートすることもできます。一対一で面接することで、集団面接では分からない相手の性格や魅力などを知り、また自分自身の魅力もアピールしましょう。面接を重ねることで互いの仲や結婚観を深めていきましょう。

内定へ

数度の個別面接を経て、内々定を得ます。内々定ですので油断は禁物です。重役面接後に晴れて内定が得られます。重役面接は面通しであることがほとんですが、稀に内定切りになる場合もあるので、失礼の無いように望みましょう。可能ならば内々定前に重役と面会しておくと最終面接もスムーズにことが運びます。
また、万が一内定を辞退する場合は早めにお断りをしましょう。