読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「最近のゲーマーは最後までクリアーできない!」の記事が酷すぎる件

最近のゲーマーは最後までクリアーできない!の根拠が周りの人に聞いてみたの時点でダメ記事。つーか、そいつらゲーマーなのか?サンプル少なすぎで井の中の蛙記事を配信するな。チラシの裏にでも書いてろ。元々根拠が薄いので、不倒城: 「昔のゲーム」「最近のゲーム」に関する妄想がひどすぐる件 で語られるように酷い妄想記事である。
大体、実写さながら=一年遊べるんじゃなかろうかと考える意味が分からない。時間じゃなくて、質的面白そうだと感じるのではないかね。

確かに最近のゲームはグラフィックの向上やシステムの複雑化が進みすぎてライトユーザーのみならずゲーマーまでも投げ出してしまうことが多いようだ。

グラフィックの向上はゲームを投げ出す理由には全然ならないのだけど。グラフィックだけに関しては、PCエンジンとかでも言われていたような。FFはSFCの頃から、特に後期SFCではグラフィックはすごいなんて言われていたような。
今のゲームが複雑化してるってのも妄想。アーケードだけどSTGは複雑化して衰退したし、その他各ゲーや音ゲーも最初の頃は簡単で、誰も新しいシステムに慣れていた無かったのでライトユーザーを取り込みましたが、後に複雑化して衰退してるし。複雑なゲームもあるし、分かり易いゲームだってある。プレイのし易さという点ではグラフィックが向上した方が、遊び易いし、今のゲームの方がシステム面が洗練されててストレス無くプレイできますよ。RPGなら、ステータス画面でLR押せば他のキャラに変ったり、アイテム自動整頓とか、最強装備とかさ。
最後に「昔はどんなゲームでも何回も繰り返し遊んだものだが……。」と書いてあるけど、昔と言うか子供の頃でしょうね。子供の頃はそんなにゲーム買えないし、感動も大きいですし。そして、繰り返し遊んでる分だけ記憶に残り易い。直ぐに投げたゲームなんて覚えてないですよ。