読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

管理人によるコメント・トラックバックの削除について否定的ではりません。

酷い誤読をされたと思う。もちろん僕の書き方にも問題があるのだが。というか、まとめだけを引用しても「管理人によるコメント・トラックバックのコントロールに否定的」とは言えないと思うんだけど。一応コメントしましたが、字が小さいのでトラバもしとく。

僕は管理人によるコメント・トラックバックの削除について否定的ではない。公表した以上批判は免れないよというのが本旨。つまり、批判されなくない人を念頭において書いている。批判されたくないと言う人は、自分でコントロールできない言及リンクやブックマークのコメントまでもコントロールしたいと考えている事が多い。だから、エントリでは自分でコントロールできるブログ内のコメントやトラックバック、自分ではコントロールできない言及リンクやブックマークのコメントを一緒くたに語っているのは確かで、その点が「管理人によるコメント・トラックバックの削除について否定的」と取られてしまっも仕方が無いかなとは思うが、初めに批判されたくない人ありきのエントリなのだ。
また、僕自身がコメントを承認制にしないとか、コントロールしないと言っているのは現在の所であって今後のことは分かりません。今は対応してますが、その内ほったらかしにすると思います。

少なくとも、わたしがここで「コメント・トラックバックは原則削除します(というか、削除されても文句を言うな)」と主張しているのは、「自分に都合の悪いネガティブな反応を封じ込める」ためではない。断じて違う。少なくとも、自分のブログは、わたしの庭である。それにも関わらず、延々と批判に応じ「続けなければならない」という、暴力的な圧力は弱めたいと思うから、このように述べているのである。

この主張のために、僕のエントリを引用されたのでしょう。捌ききれないほどのコメントが来た事はありません。しかし、あまりに量が多い場合は読者にとっても利便性が損なわれるので、上記の主張は理解できます。自身のブログ内でコントロールできる事はコントロールすればいいと思います。
ただ僕自身がコメントを削除するようになると「自分に都合の悪いネガティブな反応を封じ込める」ためにコメントを削除する可能性が否めないのでやらないだけです。