読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発言の影響力の大きさにつぶれそうになる

今更ですが、復活おめです。
僕は何か逆だな。多分、はてブされるからだろうけども。
はてブされるのは喜ばしい。ネガティブな批判であっても反応があるのは嬉しい。コメントされるのも楽しい。叩きであっても無いよりはあった方が張り合いがある。ニュースサイトに取り上げてもらうのも嬉しい。特にコメントが添えてあると有頂天だ。

自分の書いたものに反応があれば嬉しいに決まってる。賛同の方が好ましいけど、本当はガツンと理路整然と反対意見を書いてくれたほうが自身のためになる。また、時間をかけて書いたものに反応があったほうが書いてよかったと満足できる。でも、何気なく書いたことを面白いと思ってくれている人がいるのも楽しい。ネットには色んな人がいて、様々な反応が見られるのが楽しい。

とは言うものの、あまりにも何気に書いたものが反響を呼ぶと、自分の影響力にビックリする。以前だったら、自分が観測できる範囲くらいの影響力だったのが今では自分の観測範囲を遥かに超えている。もちろん、今も昔も不特定多数に見られても大丈夫なように責任をもって書いているつもりだが、自分の発言の責任の重さにプレッシャーを感じる。ただプレッシャーは感じるけど、別に書けなくなるって分けではない。でも、アクセス数の増大が何かちょっと怖いなぁと。まぁ、怖いと思って書いてるくらいが丁度良いのだろうけど。