読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームセンターCX 有野の挑戦状を受けてたった

ゲームセンターCX 有野の挑戦状(特典無し)

ゲームセンターCX 有野の挑戦状(特典無し)

ゲームセンターCX 課長ON!

ゲームセンターCX有野課長が挑戦に失敗した怨念から生まれた魔王アリーノーによって80年代にタイムスリップさせられたあなた。元の時代に戻るためには、少年時代のアリノとともに魔王アリーノーからの挑戦状をクリアしなければならない!

コンセプトがゲーム内ゲームというだけであってただのミニゲーム集ではない。DSの2画面構成を利用し上部をゲーム画面、下部をゲームをプレイしている部屋とすることで友達の家に来てゲームをしている感覚に。テレビがブラウン管なのもいい味を出してるし、有野少年の掛け声や雑談がさらに友達の家でプレイしているという臨場感に拍車をかける。挑戦に挫折しそうなときに「がんばれよ〜」と声をかけられると、次もがんばろうと思える。ゲームもファミコン調のレトロ感覚ながら、操作性などは現代風。ファミコンの理不尽さを極力押さえつつ、爽快感もあるという絶妙なバランスにしあがっている。また、ゲーム内で時が流れるにつれゲーム内容が進化していくのも、当時のゲームが徐々に進化していった様を追体験できる。80年代を子供として過ごした人にはうってつけの一品。
ゲームに関しても説明書が横長とファミコンの雰囲気をだしている。また、ゲーム雑誌「ゲームファンマガジン」も良くできている。攻略のヒントや各種裏技が紹介されており、挑戦に詰まったら読んでみると良いだろう。自分にとって苦手なジャンルでも裏技を使えば楽に挑戦をクリアできるようになっている。また、開発者インタビューやお便りコーナーもあり、読んでいると和む。

最初の挑戦自体は各ゲームのチュートリアルみたいなものでそこまで難しくない。もちろん、ゲームセンターCXらしい挑戦状もある。これも裏技で回避できるんですけどね。
おすすめゲームは、ハグルマンシリーズとガディアクエスト。ガディアクエストはゲーム集とは思えない作りこみながら、お手軽にプレイできるRPGな点がすばらしい。どこでもセーブが便利すぎます。

各ゲームの感想

公式に紹介されているゲームのみネタバレが無い程度に

  • コズミックゲート
    • ギャラガSTG
    • パワーアップにより貫通ミサイルが使用可能
    • ミサイルによりレトロゲー風ながらも、敵を一層できる点が新しい
    • 最初の一本ということで挑戦自体も難しくは無い
  • ラリーキング
    • ラリーX風上視点レースゲーム
    • 滑る上にコースを覚える必要があるので難しいかも
    • プレイヤーに立ちはだかる最初の壁か?
    • ただし、慣れるともっともお気軽にプレイできる一本

各ゲームの感想+ネタバレあり

  • コズミックゲート
    • クリア自体は難しくない
    • 裏技によりハードモードあり
  • ハグルマン
  • ラリーキング
    • アクセルブレーキが最強
  • スタープリンス
    • スターソルジャーSTG
    • パワーアップが多彩+シールドアタックが可能
    • 連射気機能があるので楽
    • これも2週システムで、結構つらい。
    • クリアまで結構コンテニューを繰り返した
  • ハグルマン2
    • 1よりもステージが大幅に広がる
    • 1のハードモード的な位置づけかも
    • 魔界村システムなので要2週
    • これも、かなりの回数コンテニューした
    • しかも一度、左を押し忘れたので奇しくも有野課長を同じ悔しさを味わった
  • ラリーキングSP
    • ラリーキングの懸賞バージョン
    • カップ麺とのタイアップ
    • コースがエキストラ使用で難易度アップ
    • ラリーキングはドリフトが肝なのに、ブレーキ多用した方が一位が取れる件
  • ガディアクエスト
    • ゲーム集とは思えない作りこみである
    • ゲーム内にて2度も発売延期した
    • パーティー編成自体はDQ2
    • OPとEDは完全にFF1である
    • MP消費量や魔法やアイテムの効能が遣ってみるまで分からない理不尽さが逆に新鮮
    • マップ自体は狭く、ボリュームもDQ並だが良くできている
    • 2を是非やりたい
  • ハグルマン3
    • これまでとはうって変わった忍者龍剣伝
    • こいつもクリアまで時間がかかった
    • 有野課長も苦戦した「鳥」に俺も悶絶
    • ついでに火山岩にも悶絶

ハグルマン2、3は難しかったがクリアできたときの感動はひとしおである。
最後の最後が90年代の最後で、そろそろスーパーファミコンが出そうな雰囲気が出そうなのも良い。