読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプSQを買ったぞ!

以前、ジャンプSQ.に藤崎竜がいれば、ある意味完璧な件 と述べたら来月号から ジャンプスクエア [屍鬼]小野不由美×藤崎竜 連載で完璧だった件。

創刊号を読んで単行本を是非買うぜ!という作品は今の所なし。流石に、第一話でそこまで決められない。続きが気になるのは、かずはじめのLuck Stealerと、神尾葉子のまつりスペシャル。特に、まつりスペシャルはなんで少女漫画出身の神尾葉子が少年誌に?と思ったけど私のツボにはおおはまりでした。これは実に良いコメディというか、非常にドラマ向けの漫画かな。
かずはじめは、異能系でデビュー作であるマインドアサシンに近い。運を盗む能力者と、運を吸い取れないその能力者の娘。運が全く無い娘のために運を盗む殺し屋という設定はマインドアサシンと似たシリアスさで好きである。そして、娘も和む。かずはじめお得意のいじめ、虐待問題と絡めていけば本人の持ち味の出せる作品に仕上がるのではなかろうか。
和月のエバーミングはまだよく分からん。アクションだけでなく、心理描写を深めてくれるなら期待できる。あと、ヒロインですね。設定自体は、読み切りからの引継ぎなので今後どうなるか次第。
新連載で気になった作品は、TISTA。最初どこのヘルシングアンデルセン神父かと思いましたけど、絵と世界観は好きです。ただ、これもエバーミング同様に展開が分からないので保留。

ドラゴノーツ、PAT-KEN パト犬は少年漫画かなーという印象。後、紅は絵というか構図が見づらい。

月刊ジャンプから継続連載のテガミバチは構図があまり好みじゃないんだけど、話としては面白そう。今後とも読みたい。

ただ、全体を見るとまとまりが無いんですよね。全体的に少年誌だけど、明らかに異端の作品が混じってるし。とりあえず、来月は岸部露伴藤崎竜がいるから買うけども。

ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]

ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]