読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きたいものは直ぐ書ける 書こうと思ってる事は全然書けない

本日の更新量が波じゃないのは、ここ最近書く時間が取れなかったことへの鬱憤でもあるんだけど、何より書きたいことがあったからだと思う。

書きたいものがある時は、脳内からあふれ出るように書きたいことが出てきて、それこそ零れそうになる文章をかき集めるのが大変なぐらいだ。故に、分量は多いがそこまで四苦八苦することはない。むしろすんなり書ける位だ。
逆に、書こうと思っている事は中々書けない。踏ん切りもつかないし、頭の中でまとまっていないので言葉にならない。それ以前に考えもまとまっていないことがざらである。それ故に、書き上げるのに時間がかかる。ネタのスットクはあるけども、どれも中途半端で書きかけのものばかり。書いてみても、反芻することが多いので下手に推敲を重ねて、ますます筆が進まない。

何事も勢いが肝心で、それはLingua furanca. 第2回目のお題である「今のサイトを作った理由」を見ていると、結構皆さん勢い重視だなと。
それにしても、「Lingua furanca. インターネット鉄道の夜」を読むと、「たまごまごさんが一部の読書人に捧げる!「本読みHP」の中の人と被るんだよなー。それだけ読んでるって事なのかしら。そういえば、本も同じか。読みたいものはあっという間に読むが、読もうと思ってる本は中々読みもしないし、それ以前に手にもしないことが多い。行動が発露するのと、行動する意思ってのは別物なんだろうか。