読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記とか雑記とか

金曜の夜から、昨日まで出張と言うか遊びと言うかそんな感じだったので更新も巡回もできずじまいですよ!

時オカプレイ中

別にこれは、先週末の話じゃないのだけど世界樹の迷宮もクリアしてしまい、するゲームが無いので見プレイだった時のオカリナをヴァーチャルコンソールでやってると言うだけの話。
名作と語り継がれているので手を出してみたけど、親切設計なトワプリをやったあとだとなれるのに時間かかりまくり。大発明と言われた「注目システム」も操作形が違ったためなれるのに時間がかかった。そして未だに敵との距離感がつかめないので敵と接触して死にまくり。それだけ、トワプリの距離感の接待が見事だったのかもしれないが。

工場萌え

工場萌え

工場萌え

暇つぶしに入った本屋に「住宅都市整理公団」の総裁の工場萌えがあったので立ち読み。これはやばい。めちゃくちゃ欲しいよ。でも、お金ないよ!というわけで諦める。
なんか、FF7のミッドガルドを髣髴とさせる工場群を見ていていると心が洗われると言うか何と言うか。まぁ、問題は僕の周りは「工場萌え」の良さが分かる変態ばかりといことだが!

邪魅の雫読了

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

移動時の暇つぶしに。一ヶ月前に半分読んで、しばらく読む暇が無くて新たに読み始めたら前の内容を忘れてしまっている始末。しょうがないので、前半を流し読みして取り戻す。
まぁ、何故一ヶ月前に読了できなかったと言うと全部で700ページ強あるからであり、さらに物語が転がり始め面白くなるのが、その半分を超えたあたりからだから。前半部は後半部の前振りで、その前振りがなければ物語の理に納得できないから仕方ないし、それが京極堂シリーズの面白さでもあるだが、それにしても長すぎだ。ただ、前作の「陰摩羅鬼の瑕」にちょっとガッカリした身だったが、今回は京極堂シリーズらしい仕上がりだったので良かったけども。

EM・ONEを触る。

量販店に行き、ようやくEM・ONEを触ることができた。液晶の視認性も良く、画面がでかいしサクサク動くしで、ぐらぐらと心が揺れるもやっぱりエリアの狭さで諦める。日本全国をカバーするのはいつになるのか・・・。多分、その内もっと良い端末が出そうだ。
心残りなのは店内の電波が悪くワンセグを視聴できなかったことか。

Suicaで地下鉄も私鉄もスイスイ

Suicaで地下鉄も私鉄も利用できるようになったので、乗換えがとっても便利に。特にJRと私鉄は乗換え口をそのまま突破できるのが本当に良いね。ただ、東京の地下鉄は未だにどことどこが接続しているのかさっぱり分からないので、地元民と一緒あるはアドバイスが無いと効果的な利用方法が分からないのが難点。
本当は記念にPASMOが欲しかったのだけど、夏まで定期券限定だそうで。