読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前なんてものは他人と区別がつけばよいのですよ。

リアルでの実名の比重

弁護士の小倉さんの主張。流れが良く分からないので趣旨と主張が飲み込めません。コメントを読むに、実生活で本名を使っているのだから、ネットでも本名を使えば良い、という主張なのかな?
確かに銀行口座に学校、企業や宅配便と何の疑問も持たずに本名と住所を書き記しています。このように、実生活では本名を使うのは当たり前なのですが、それは本名と正しい住所じゃないと各種のサービスを受けられないから。まぁ、郵便や宅配便も集積所で止めればよいけど、家に届けてくれるのが便利だから使ってるだけで、やろうと思えば匿名も可能。そして、それはネットでも同じでしょ?通販サイトに自宅の住所書かない限り自宅には届かない。

それでは、実際に人間はリアルで実名を使って生きているかというとそれもちょっと微妙。たとえば、僕は未だにニックネームだけしか知らない人と交友があります。携帯のメモリもニックネームで登録してます。また、普段の生活でも苗字しか知らないことのほうが多い。誰かを認識する場合に、営業の○○さんとか、××ちゃんのお母さん、隣の△△さんなどと区別する方が多いのではないでしょうか。実生活でも、実名で認識されているとは限らないわけで。
所変われば品変わるで、海外ではファーストネームつまり名前は知ってるけど苗字は知らないとか、本名が長いのでニックネーム知らないとかありますし。また、日本でも昔だったら大工の何々さんとか屋号で呼ばれたり。平安時代では、右大臣とか判官と役職で呼ばれ本名なんて呼ばれない方が当たり前だった時代もあるわけで。紫式部とか清少納言などの女性に多いですが。
というわけで、名前は他の誰かと区別できれば良いのです。だから、ネット上で区別できる名前を使えば良いわけで実名でなくても良い。そもそも僕なんてハンドル名無いですからね。個人ニュースサイト界隈とはてなの境目で、最終防衛ライン2というサイトでサイト論とかを中心に何かグダグダ書いてる人くらいに認識されていれば御の字ですよ。

著名人と一般人は違うのですよ

さて小倉さんは新聞が背負う「われわれ」はいったい誰なのかにも言及されております。まぁ確かに、さくらちゃんの両親の行為を批判したがんだるふ氏は実生活に何の影響も無いですね。逆に言うと、がんだるふ氏はどんなに素晴らしいことをやっても実生活に何の反映もされませんが。そこいくと、実名を公開している著名人にとっては、実名を晒した方がメリットが大有りであります。まぁ、弁護士ならネット問題に詳しいという後付が出来るだろうし、弁護肩書きも本名を晒していることで確固としたものとなり、アクセス数も増えるだろうから、ネットとリアルの両方にメリットがありますからね。逆に、匿名で医者であるとか弁護士であるとの肩書きで書くと、相対的に信頼度は下がるでしょう。
また、住所も晒さないと実名じゃないらしいぞのように住所を晒した所で書いた文章の信頼度が上がるかと言うとそれすらも怪しい。あくまで、ある種の肩書きを本名でやってるからネットでの下地が無くても信頼度が得られるのであって、そんな肩書きの無い、あるいは利用したくない人が信頼度を高めるにはがんだるふ氏みたいに地道にネットで文章書き続けるしかない。
後、さくらちゃんの両親は実名で活動しない限り募金は集められないでしょう。匿名の誰かがやった所で募金が集まるとも思えないです。
そもそも、大流行「ブログ」でストーカーに狙われる場合もあるわけで。mixiですら本名公開して無い人のほうが多いのにね。

実生活で名札を付けて過ごせというのか

実名を使おうが匿名だろうがそれは人それぞれで強制するものではない。新聞の投書や雑誌の投稿に、テレビのアンケートだって匿名希望が存在してるのだから、ネットにおいて実名で発言しなければならないという話はおかしい。
実名で活動している人は実名で活動したいから、実名を公開しているだけ。それは、実名で容易にその人であると判断できるから。その名前により、その人のバックグランドまで分かる。一般人が実名を名乗った所でどこの誰?って話。また、住所が分かった所でその人のバックグラウンドまでは分からない。名前なんて区別できれば良いんですよ。
そもそも、常に本名が付きまとう世界の方がおかしい。リアルで常に名札を付けて歩いてますか?どこに行っても名前が明らかになる。まぁ、別に大したこと無いんですけど気持ち悪いですし、何となくいかがわしい店には行きにくいかな?兎に角エロゲは買いにくいかも(笑)。ネットで名前を晒すってのはそういうこと。まぁ、弁護士バッジつけてる人や、顔が知れている有名人には分からない感覚かもしれんね。

以上リンク先は全て「誠天調書」より