読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3階層 千年ノ蒼樹海に至る

最近これしか書いてない。多分飽きるまで世界樹の迷宮ブログになるやも?

レベルがあがりまくりで、向かう所敵なし!と思っていたら・・・。

  • B8まで下る途中、水晶のかけらをみつける

B8のクエストを終えてB9へ向かうことに。B8に回復の泉があるので、宿屋代がかからずお金が溜まる。途中、B7のサソリに仕返しをしに行ったら、MAPが間違っていること気が付き、さらに奥には水晶のかけらが。どうやら、水晶で封印されている扉を開けられるみたい。というわけで、一旦B1から潜りなおし、各所の宝箱を回収。途中B3のカマキリに挑むも、あまりの弱さに悲しくなってしまう。
そして、B5の広大なMAPにもびっくり。画面一杯まで使っていたのだな。

  • B9 魔物たちがさ迷う獣の小道

B8のMAPが狭いと思っていたら、B9とB8を行ったり来たりすることで、それなりの広さであることが分かる。こんな仕掛けもありだなーと、探索は楽しい。ただし戦闘は、こちらのレベルも十分なので全滅する危険は無いが、ちょっとぬるい。階段を下ったり上ったりを繰り返しB9へ。

  • B10 密林に鎮守する獣の王

ドアが多すぎて、探索が間々ならない。しかもこのドアの多さが後のクエストに利いてくるとは思いも依らなかったのである。
途中象に襲われるも、難なく撃破。しかも、落とす象牙(?)は高値で売れる。いい人だ。
探索を進めると、採取、伐採、採掘ポイントがやたら多い事に気が付く。しかし、MAPが複雑なのであんまり取りに来たく無いが。その後、外周から内へらせん状に進んでいくとブシドーさんとカースメーカーさんが。話しかけると回復してくれる。奥に、ケルヌンノスがいるとの事。一旦退却し、アイテムなどを売却。
装備を整えて、ケルヌンノスを倒す。レベルが高いのでそこまで苦戦せずに倒す。その足で、第3階層へ。

  • B11 青く輝く神秘の森

樹海磁軸を見つけ、まだ元気があったので探索しようとしたら執政院に戻れとのアナウンスが。
しょうがないので、ケルヌンノスを倒し第3層に至ったことを報告。ついでに、B11とB12のMAPを作ってくれとのこと。別に言われなくても作成しますが。
新たなクエストを受領したので、そちらを先に片付ける

  • B10のクエスト

B5で水晶のかけらを使い「冒険者の魂に安らぎあれ」をクリアしに。B4、B3と登って行くと、奥にゴーレムが。こちらもレベルも39なので楽勝だろうと思ったら甘かった。何しろ敵が固すぎる。そして、こちらには防御力を下げるスキルは無い。ゴーレムも攻撃も強いが、上手いこと避け続けHPを3割位減らし、一応ここまま持久戦で倒せるかなと思ったら、ゴレームが怒涛のトリプルアッタック。レンジャーが倒れ、アルケミストがやられ、終にはメディックまでも・・・。もうちょっとレベルを上げて出直します。
そこで、B10で害虫を駆除したり、除草したり。この除草が面倒だったな。どこに元凶がいるか分からず、何度もやり直す羽目に。除草剤が10個しかなく、これが無くなるとクエスト失敗と言ってたので、毎回リセットしてたんだけど・・・。実際、どうだったのかしら?

  • B11と落とし穴でB12 女王とその奴隷たちが暮らす宮殿

クエストをこなし、再度B11の探索へ。ブシドーに会い、秘伝書を頂く。ブシドーを使ってみたいので、早速ギルドでブシドーを登録。名前は語感で「シン」と命名。アルケミストやレンジャーを除いて、しばらくは後衛でがんばって貰うことに。
シンを連れて、B11の探索へ。途中落とし穴に落ち、B12に来てしまう。B11に戻り、探索するとまた落とし穴に落ちる、これを繰り返すうちに、B12に下りの階段が無い事に気が付く。これは、もしやB11で正解の落とし穴に落ちないといけないのだろうな。というわけで、今回の探索は以上。

  • 感想とか

第1階層は森林、第2階層はジャングルで、第3階層は何かなと思っていたら氷の世界か。足音も、今までのような草木を掻き分かる「ザッザッ」から、「コツコツ」になり、ダンジョンを歩いてる感がします。
現在パーティーの平均レベルは41。ちょっと高すぎる気もする。ブシドーのシンはレベル18。今の所使い方が難しそうだなってことしか分からない。スキル繰り出すにも一旦構える必要があるし、スキルを使うには刀を装備する必要があるし・・・。あまり雑魚戦むきじゃない。
後、ゴーレム戦の時に思ったのだが、このパーティーでは敵が強化した時になす術がない。ボス戦用にバードを鍛えるのもありかもしれん。探索用に主要メンバーを育てつつ、ボス戦用にバードとブシドーを鍛えるのもありか。