読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログとニュースサイトとテキストサイト

個人ニュースサイトの管理人の正体

ニュースサイトの管理人はなぜ男なのか?が、再度話題になったので、過去ログと同じ結論なんだけど、自身の考えを述べておく。
個人ニュースサイトの管理人とは?」という議論は、意外とあまり話題に上らないと思う。それは、個人ニュースサイトの管理人が縁の下の力持ちで、あまり表に出ることが無いからなのかもしれない。ただし、一部のニュースサイトの管理人はカリスマ化しているけども(例えば、Hjk/変人窟のたびさんとか、Tentative Nameのさらしるさんとか)。
とは言うものの、個人ニュースサイトの正体は気になるわけで、振り上げた拳の下ろし場所では、「ニュースサイト管理人の正体」にて、かなり斜め上な結論を出してましたが。

個人ニュースサイトの管理人は情報収集オタクである

個人ニュースサイトの管理人は、ゲーオタだったり、アニオタだったりする。私はゲーオタなのだけど、昔ほどゲーオタじゃない。じゃあ、オタクじゃないのかといわれると、オタクであると自覚している。さて、オタクの定義は難しいのだけど、goo辞書によると、

おたく(新語)
俗に,特定の分野・物事を好み,関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。狭義には,アニメーション・ビデオ-ゲーム・アイドルなどのような,やや虚構性の高い世界観を好む人をさす。
おたく - goo 辞書より

つまり、オタクとは「関連品または関連情報の収集を積極的に行う人」である。私に当てはまると、元々はゲームを積極的に行っていたが、より良いゲームをプレイするためや攻略のために情報を収集するようになる。徐々に、情報ばっかし仕入れるようになり、情報を収集することが楽しくなった。結果、個人ニュースサイトを運営するに至る。要するに、個人ニュースサイトの管理人は情報収集オタクなのであろう。
これは、誠天調書: 危機的局面においても同様の考察がされている。

何かをコレクションすること 収集癖、そういうのは 断然に男に多い、
ということと似たようなものだと思います。
俺の場合も 形あるモノではなく それが情報というモノだったという訳ですから。
誠天調書: 危機的局面より

だからこそ、個人ニュースサイトの管理人には男が多いのだと思うのだ。

テキストサイトとブログの違い

それにしても、ニュースサイトの管理人はなぜ男なのか?ように何度も取り上げられて、その度に議論の的になる文章を一度で良いから書いてみたいものです。これこそが、コンテンツが並列に整理されたテキストサイトの利点なのではないだろうか。つまり、昔に書かれた記事が発掘され易い。
ブログの場合は、コンテンツが直列につながり、古いものはドンドン下へと溜まっていくので、古いほど目に留まる確率は少ないため、昔の書いた記事を発掘しにくい。その代わり、テキストサイトに比べて機動力があり、記事ごとにコメントやトラックバックが可能である。
どちらを良しとするかは個人の嗜好だけども、何度も繰り返し取り上げられる記事ってのは、やはりテキストサイトの方が多い気がする。その代わり、ブログだったら新しい考えを元に、新しい記事を書いていば良いのだけど。