読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のニュースの選定基準(超私信です)

記事のおねだりをされてしまっては困ったもんだ<自意識過剰

はてブは自分のサイトか

304 Not Modified: はてなユーザに質問ですに今更ながら答えると

  1. 「あなたが思い浮かべた自分のサイト」の中に、はてなダイアリーは含まれていますか?
    • (A) 自分のサイトだと思っている。
    • 元々、ダイアリーを利用したくて始めたんで
  2. 「あなたが思い浮かべた自分のサイト」の中に、はてなグループは含まれていますか?
    • サービスを利用していない。
    • 実は、未だに利用価値が分からない
  3. 「あなたが思い浮かべた自分のサイト」の中に、はてなブックマークは含まれていますか?
    • (B) サービスは利用しているが、自分のサイトとしてカウントしなかった。
    • あくまでサービスであって、サイトじゃない。コンテツンというには中途半端
  4. 「あなたが思い浮かべた自分のサイト」の中に、はてなアンテナは含まれていますか?
    • (B) サービスは利用しているが、自分のサイトとしてカウントしなかった。
    • これもサービス。リンク集というコンテツンの一つですが
  5. 「あなたが思い浮かべた自分のサイト」の中に、はてなRSSは含まれていますか?
    • (B) サービスは利用しているが、自分のサイトとしてカウントしなかった。
    • そもそも、活用してない

なんで、はてブは自分のサイトじゃないと思ってしまうのかね。これがweb2.0の魔力か<よく分かってない。
自分のサイトか否かの基準って何だろう。はてなダイアリー自体は文章入力するだけだが、その文章は自分自身をを切り出した物なので、ある意味自分の分身、あるいは自分を映す鏡である。だから、文章を入力するだけなんだけど、自分のサイトだと思えるのだろう。
同様にはてブは、自分で記事を拾い、タグをつけ、コメントを考える。同様の過程を踏んでいる思われる、羅列型ニュースサイトは自己表現の一つの方法であるから、はてブだって自分のサイトだと思えるはずなのに、僕には思えない。それは恐らく、はてブの過程と羅列型ニュースサイトの過程が厳密には違うからだろう。つまり、個々のニュースの選定が違うと言うことか。

ニュースの選定

明日は明日の風が吹く - ちょいと久しぶりにニュースサイトをやりたくなってきたよ(from 最終防衛ライン2)でおねだりされた。嫌といえない私は書く。いや、書いてと言われたら喜んで書きますよ。好きといわれて悪い気持ちがしないのと同じ。むしろ、好きになるしね。
で、以下収集するニュースの選定方法の違い
はてブの場合は非常に簡単に記事の収集ができる。故に、とりあえずメモのためとか、今度記事にするからとか、斜め読みした記事とかもバシバシ収集する。つまり、フィルタの穴が大きい。さらに、どんなにアンテナ低かろうがお構い無しにクリップするし、マイナーな記事もどんどん収集する。よって、はてブはフィルタもザルならアンテナも低い。それはまさに、参考書の大事なだろうと思われる部分に付箋を貼ってる状態、つまりブックマークであり、自分用だ。自分以外の人にしてみれると本来無意味だが、例えば同じ試験を受ける人にとって見れば役に立つ場合もあるので、お気に入りに登録してくれている方々いらっしゃるのだろう。
個人ニュースサイトの場合は、自分用でもあるけど、それ以上にサイトとして開設している以上、誰かに見られることが前提だ。そうなると、フィルタもアンテナもしっかりしたものを装備しなくてはならない。これは読者に対する礼儀だが、それと同様に記事元に対する礼儀として、ちゃんと読んでない記事をとりあえず紹介するわけにはいかない。そして、ニュースを見つけた場所に対する礼儀も忘れずに。つまり、公開する体を成さないといけないので、それなりのレベルが必要。
個人ニュースサイトの場合は、公開するまでに情報を加工する必要があるが、はてブにそれはない。個人ニュースサイトは自分自身の身を削り、ニュースを加工し、自分を表現するが、はてブにはそれが無い。そもそも、僕ははてブで自分を表現しようと思ってないから、自分のサイトと認識でいないのだろう。

身だしなみを整えてないはてブと整えたニュースサイト

喩えるなら、はてブは身だしなみや化粧をしていない状態で、ニュースサイトは身だしなみをがっかりしている状態。だったら、はてブはプライベートにしろ、という話だが、井戸端会議にわざわざ化粧していかないでしょ?はてブの楽しみは、人様のつけてるタグやコメント見ることで、人様のを見ているのに、自分のは公開しないってのもね。
ニュースサイトの場合は、スーツを着こなし売り込みをしているイメージ。売り込むもの=ニュースもしっかり吟味し、さらにそのアピールポイントを熟慮している。どうか、僕からニュースを買ってくださいといってる人が、身だしなみを整えてない普段着の格好なら誰も買いません。
ちなみに、只今のはてなダイアリーはしっかりと白衣を着こなし研究し、白衣のままプレゼンしていると言うイメージだな。あくまで、研究結果報告。実用、商用はあなた方におまかせしましたって感じかしら。
追記:というわけで、試験的に始めてみました→最終防衛ライン2 にゅうすさいど