読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姑獲鳥の夏見てきた

原作映画はダメ、しかも模倣犯という最高の原作ぶち壊し映画を見ていたので全然期待してなかった。でも見に行ったのは、阿部寛の榎津がどうなるかを見たかったから。
全然期待してなかったからなのか、私としては結構楽しめた。原作のダイジェスト版と言った感じ。しかし、見終わった後にドット気疲れが出る+終わっても別にスッキリしないと結構重めの映画なので、疲れてるときは見ないほうが良いかも。
個人的には、薔薇十字探偵社が一番面白かったですが。ちゃんと「探偵」の三角錐があり、しかも和寅が荒川良々なのははまりすぎだ。個人的には榎津がもう少しはっちゃけて欲しかったけど、そうすると映画的に分け分からんか。

カメラワークがぐるぐるして気持ち悪いのは絶対にわざとやってたんだろう。多分、観客も見ているうちに憑き物を憑けるみたいな効果なんじゃないかと。映画を見終わって、階段を下っているとめまい坂を下りているような気分になりました。

キャストはまぁまぁ嵌っていたんじゃないかなと思います。ただちょっと堤真一は陽過ぎると思った。もう少し陰鬱とした人でも良いと思う。しかし、そうなると映画として陰鬱としすぎだ。
関口君の妻雪絵は篠原涼子じゃないだろう。冒頭の子供抱いてる姿が逆に姑獲鳥に見える罠。個人的に田中麗奈は好きなんだけど、敦子としては嵌ってないよなぁって感じ。

最後に、世の中に不思議なことな何も無いのだよと京極堂は言いますが、関口君が結婚できているのが一番不思議だ。