midiを聞きながら

改めて実感することが、僕は電子音が大好きだということ。多分一番乗れるのではないだろうか?